PMS

  1. 体調と仕事の両立は、多世代の課題に

    体調と仕事の両立は、多世代の課題に【2019年の健康経営】団塊世代が70代以上となり、親の介護との両立の難しさを理由に働き方を変えるミドル世代のご相談が増えてきました。子育てとの両立は乗り切れたとしても、自分の年齢も重ねており、体力的に負担を感じる方が多くいらっしゃいます。

  2. 社員の体調不良の状況を把握している?!健康経営推進のススメ

    体調不良の状況を把握している?!健康経営推進のススメワークライフバランスを推進していても、学生に人気企業であっても、体調不良の従業員が続出しているとなれば社外からの見方も変わってきます。健康経営認定企業とは?そこで今回は、最近注目される「健康経営認定企業」という指標についてご紹介します。

  3. 女性の体調とキャリアの両立支援は、企業の経営戦略【よこはま健康経営会議より】

    女性の体調とキャリアの両立支援は、企業の経営戦略【よこはま健康経営会議より】2月15日に開催された、第2回よこはま健康経営会議に「オフィスで温め×メンターサービス」としてブース出展いたしました。会議の内容から今後の課題と解決のヒントについてお伝えします。

  4. 従業員の健康が、企業の未来を創る【よこはま健康経営会議】

    す従業員の健康が、企業の未来を創る【よこはま健康経営会議】近年、健康経営という言葉をよく聞くようになりました。経営の視点から戦略的に、「働く人の心身の健康」を保つことで会社の利益にも繋げるという考え方です。

  5. 人間関係も仕事の質も変える?!女性の体調管理

    人間関係も仕事の質も変える?!女性の体調管理職場の人間関係の悩み、思うように仕事の質が上がらない悩み、それらを解決する手法として「体調管理」を見直してみてはいかがでしょうか。

  6. やりたい仕事に就けない時の、35歳からの対処法

    やりたい仕事に就けない時の、35歳からの対処法本来やりたい仕事とは少し異なる業務を担当しているときは、モチベーションも上がらないものです。同僚が活躍している姿を見ると、「自分だったらもっと活躍できるのに」と感じることもあるかもしれません。

  7. 続 3人に1人が病気と両立する時代、職場で必要なケアとは

    続 3人に1人が病気と両立する時代、職場で必要なケアとは厚生労働省の調査によると労働人口の3人に1人が何らかの病気をもちながら働いており、家族の育児や介護との両立をする方を含めると、”職場の中でも多くの方、職場によってはほとんどの方”が時間や場所等の制約を抱えながら働き続ける時代、となりつつあり...

  8. 【働く女性の体調管理】根性論から科学的理解と対処へ

    【働く女性の体調管理】根性論から科学的理解と対処へ女性のPMS(月経随伴症状)や更年期などの女性特有の症状は、「仕方がない」「我慢すべき」と考えられてきました。けれども、それらが原因で管理職を辞退したり退職を考える女性の事例から企業も本格的な対策に乗り出しています。

  9. 【オフィスで温め×メンターサービス】会話力UP講座

    【オフィスで温め×メンターサービス】会話力UP講座女性から企業を元気に。女性従業員の体調管理と仕事相談ワンストップサービスをビジックスワールド2017にてご提案させていただきました。

  10. 3人に1人が病気と両立する時代、職場で必要なケアとは

    3人に1人が病気と両立、職場で必要なケアとは厚生労働省の調査によると労働人口の3人に1人が何らかの病気をもちながら働いているそうです。

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る