育休復帰

  1. 育休や時短だけでない、女性が働き続けるための支援策とは

     育休や時短だけでない、女性が働き続けるための支援策とは結婚や出産後も女性が働き続けられるように、育休取得や時短勤務制度導入を推進する企業が増えています。「短時間勤務可能」と求人に記載すると優秀な女性が殺到するという声も企業の採用担当者からはよくお聞きします。

  2. 保育園はうるさい?!苦情の背景と対処法

    保育園はうるさい?!苦情の背景と対処法保育施設が出す子供の声や音をうるさいと、苦情を受けた自治体が増えているというニュースが時々話題になります。苦情を理由として保育施設の開園を中止・延期にしたケースもあるからです※。

  3. 立場が違っても参加できるワークショップとは【ワーママ支援の現場から】

    立場が違っても参加できるワークショップとは【ワーママ支援の現場から】働きながら育児する人を応援する団体、ワー育.jpでは、仲間と一緒にワーキングママ向けのワークショップを開催していました。他団体との違いの一つが「ママでない方も参加できる」ということ。

  4. 従業員の未病が企業の未病につながる理由

    従業員の未病が企業の未病につながる理由長時間労働などで精神疾患を発症し労災認定を受けた方が過去最多人数となったことが厚生労働省から発表されました。20代が増えているというのは気になる事象です。

  5. 職場復帰人材が定着しない、人事の対処法

    職場復帰人材が定着しない、人事の対処法育休や体調不良からの職場復帰、ブランクがある方の再就職では受け入れる側にも戸惑いが起こります。

  6. キャリア相談体験会【オフィスで温め&メンターサービス】

    キャリアの悩みをスッキリさせたい女性の皆様へ4月からの新年度に向けて、キャリアの悩みを解決しておきませんか?「冷え・低体温改善サロンゆるり」でお一人40分のキャリア相談体験会を開催します。育休中のキャリアアップ、育児と仕事の両立、30代40代からのキャリアの継続のご相談にご利用ください。

  7. 【コラム掲載】保育士の活用で助成金!待機児童問題の解決に近づけるか?

    【コラム掲載】保育士の活用で助成金!待機児童問題の解決に近づけるか?保育園を増設しても保育士不足で開園できないという声もよく聞きます。保育士への助成金で待機児童問題解決になるのかを、専門家サイトJIJICOコラムで解説しています。

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ページ上部へ戻る