時短勤務

  1. ブランク人材が企業を救う?!2017年の再就職事情

    ブランク人材が企業を救う?!2017年の再就職事情最近、企業がブランクがある人材の再雇用に力を入れ始めたことで最近話題となっています。かつての「ブランクがある人材に、仕事の機会を与える」というスタンスから、「早い時期に即戦力となる中途採用人材として判断する」と風向きが変わってきています。

  2. 現場リーダーの実践力を高める!リーダーシップ開発セミナー

    現場リーダーの実践力を高める!リーダーシップ開発セミナー2016年に女性活躍推進法が施行され、急に増えてきた「女性リーダーセミナー」。

  3. ブランクがあるから活躍できる!仕事復帰を目指すキャリアスクール

    ブランクがあるから活躍できる!仕事復帰を目指すキャリアスクール久しぶりの仕事復帰した後の仕事の楽しさは格別です。離れたからこそ気づいた仕事のおもしろさ、ブランク中に磨かれたスキルへの気づきなど、新たな気持ちで仕事に臨めるからです。

  4. 育休や時短だけでない、女性が働き続けるための支援策とは

     育休や時短だけでない、女性が働き続けるための支援策とは結婚や出産後も女性が働き続けられるように、育休取得や時短勤務制度導入を推進する企業が増えています。「短時間勤務可能」と求人に記載すると優秀な女性が殺到するという声も企業の採用担当者からはよくお聞きします。

  5. 誰も教えてくれなかった、働くと幸せの関係

    誰も教えてくれなかった、働くと幸せの関係働くと幸せの関係について、現役キャリアカウンセラーの日々の生活の中から感じることを紹介します。

  6. 本当に新しい働き方?!リモートワーク時代の考え方

    本当に新しい働き方?!リモートワーク時代の考え方子育て支援から始まった育休、時短勤務の導入。今では、リモートワーク導入や副業の容認など企業は多様な働き方を導入するようになりました。育児や介護・体調との両立、複数の組織で経験を積む等、働き方は多様化しているのです。

  7. 女性活躍推進から働き方改革へ、ステージを上げる方法

    女性活躍推進から働き方改革へステージを上げる方法女性活躍推進は氷山の一角、ダイバーシティの本当のところでもご紹介しましたが、日本ではダイバーシティ=女性活用、と認識されているケースがあります。

  8. 女性活用を進めるために、人事ができること

    女性活用を進めるために、人事ができること女性活躍推進法も施行され、育児休業取得率は80%を超え、勤務制度、再雇用制度、女性管理職登用なども整備されてきました。けれども、業界や職種によってはまだまだ女性の離職率は高く、リーダー候補も育っていないという企業も少なくありません。

  9. ペットの介護と仕事の両立【35歳からのキャリア】

    ペットの介護と仕事の両立【35歳からのキャリア】介護を理由に仕事を辞める介護離職は年間10万人と言われています。育児に比べるとまだまだ「職場には相談しにくい」現状があるのではないでしょうか。最近はペットの介護と仕事の両立相談も受けるようになりました。

  10. 10年で社会を変える【ワークライフバランス】

    10年で社会を変える【ワークライフバランス】ワークライフバランス株式会社10周年のメッセージに私も参加させていただきました。10年前に港区で開催されたオープンセミナーを受けた時の驚きは今でも鮮明に覚えています。それまでは単なる時短勤務がワークライフバランスだと思っていたところがありました。

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る