婦人科疾患と仕事の両立

  1. 新卒が、離職率だけでなく既婚率も調べる理由

    新卒が、離職率だけでなく既婚率も調べる理由先日、不妊治療と仕事の両立は困難という方が96%だったという調査結果が発表になりました※。最近は、男女と会わず若手が企業を選ぶときに、従業員の「離職率」だけでなく「既婚率」や「子供の有無」まで調べるようになりました。

  2. 体調不良からの職場復帰、受け入れ側のサポート【メンターサービス】

    体調不良からの職場復帰、受け入れ側のサポート【メンターサービス】心の病気からの復帰、長期闘病生活からの復帰等の場合、自分の心構えや生活環境の整備だけでなく職場の受け入れ体制を整えることも必要です。人事として気にかけておきたいサポートについてお伝えします。

  3. 婦人科疾患で6兆円の損失?!女性のキャリア継続策とは【人事の豆知識】

    婦人科疾患で6兆円の損失?!女性のキャリア継続策とは近年話題に上ることが増えた、「婦人科疾患とキャリアの両立」。不妊治療のための休暇や時短制度の策定、更年期について知識を深めるセミナーを実施等、企業の取り組みも始まっています。働く側の本音を知るカウンセラーが背景と今後の対処法について解説します。

  4. 【コラム】婦人科疾患とキャリアの両立。退職を決める前にしておきたいこと

    【コラム】婦人科疾患とキャリアの両立。退職を決める前にしておきたいこと働く女性にとって、婦人科疾患やPMS、プレ更年期の症状と仕事との両立は深刻な問題です。けれども、ついつい我慢してしまう、周囲には話しにくいということはありませんか?ビジネスの場で、女性特有の症状の話はしにくいものです。

  5. 妊活・婦人科疾患との両立キャリアカウンセリング

    妊活・婦人科疾患との両立キャリアカウンセリング妊活や婦人科疾患の治療のために、仕事を辞めようかどうか悩んでいませんか?カフェでゆっくりお茶を飲みながら、大人女性のキャリアのご相談、両立の話、お仕事復帰の個別相談をお受けしています。

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る