女性管理職

  1. 女性教授の割合は14%。アカデミック領域での女性活躍の実際

    女性教授の割合は14%。アカデミック領域での女性活躍の実際入学・進学の季節になりました。新しい環境に進む方も多いことと思います。私自身も今年度から大学院へ進学することとなりました。入学式出席の体験から、気づいたことをご紹介しています。

  2. お客様の声:40代からの働き方・キャリアカウンセリング

    40代からの働き方・キャリアカウンセリングキャリアカウンセリングを受けて頂いた方の感想の一部をご紹介しています。40歳からの転職、キャリアストレッチ、企業、介護との両立などライフイベントとキャリアの両立を考える方のご相談に乗っています。

  3. 定年まで20年、現状維持で生き残れる?!【40歳からのキャリア】

    定年まで20年、現状維持で生き残れる?!【40歳からのキャリア】企業の方によくお聞きする言葉の一つが、「現状維持、では困る」という言葉です。

  4. 家事も仕事もシェア。大人女性の仕事術

    家事も仕事もシェア。大人女性の仕事術かつて、男性中心のビジネス世界の中で働き続けるために、実家や外部サービスを利用して家事育児をサポートしてもらい、乗り切るという考え方がありました。けれども、「そこまでして仕事優先にしたくない」「自分らしく家庭優先で働きたい」という声があったのも事実です。

  5. そこに居ていいよと言われる人【横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタ】

    そこに居ていいよと言われる人【横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタ】1月27日(土)パシフィコ横浜にて横浜女性ネットワーク会議&ウーマンビジネスフェスタ2017が開催されました。

  6. 今の仕事は継続?転職・独立のタイミングは?相模原市のセミナーより

    今の仕事は継続?転職・独立のタイミング?相模原市のセミナーより相模原市の女性活躍応援セミナーにて「30歳からのキャリア継続・スキルアップセミナー」を開催しました。

  7. オーナーシップを取れないのには、ワケがある?!【35歳からのキャリア】

    オーナーシップを取れないのには、ワケがある?!【35歳からのキャリア】採用や、人材開発の場で「オーナーシップ」と言う言葉がよく使われるようになりました。オーナーシップとは、仕事を自分自身の課題と捉えて、責任感を持って取り組むことだと説明されています。

  8. 3人に1人が病気と両立する時代、職場で必要なケアとは

    3人に1人が病気と両立、職場で必要なケアとは厚生労働省の調査によると労働人口の3人に1人が何らかの病気をもちながら働いているそうです。

  9. 従業員の未病が企業の未病につながる理由

    従業員の未病が企業の未病につながる理由長時間労働などで精神疾患を発症し労災認定を受けた方が過去最多人数となったことが厚生労働省から発表されました。20代が増えているというのは気になる事象です。

  10. ビジネスの場だからこそ、人に寄り添うサービスを

    ビジネスの場だからこそ、人に寄り添うサービスを人事制度を整備し、業務改善して職場環境を整え、健康診断の結果等を元に健康的な生活を送っているとしても、「安心感」や「幸福感」が感じられないとしたら残念なことです。

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る