働き方改革

  1. 40歳からグッと広げるキャリア!2017年のカウンセリング

    40歳からグッと広げるキャリア!2017年のカウンセリングライフ・シフトの著者、リンダグラットンさんが提唱した「人生100年時代」※。

  2. 個人のHAPPYにつながる働き方改革とは【リビングラボより】

    個人のHAPPYにつながる働き方改革とは【リビングラボより】人材不足解消や従業員の健康維持、生産性を向上などのために働き方改革を推進する企業が増えています。働き方改革と聞くと、まずは育児中従業員の支援として育休や時短勤務制度の導入を思う方もいらっしゃるかもしれません。

  3. やる気が見えない社員の動かし方【職場環境改善の現場より】

    やる気が見えない社員の動かし方【職場環境改善の現場より】同じ企業で働いていても、仕事に対する温度差があり、時にはそれが不協和音となることがあります。

  4. 働き方を変えるのは女性だけ?時短、リモート、フリーランス。

    働き方を変えるのは女性だけ?時短、リモート、フリーランス。現役キャリアカウンセラーのコラム、今回のテーマは「働き方を変えるのは女性だけ?」です。これまで、子育てや家族の転勤などで仕事を辞めたり、働き方を変えるご相談をお受けしてきました。

  5. 誰も教えてくれなかった、働くと幸せの関係

    誰も教えてくれなかった、働くと幸せの関係働くと幸せの関係について、現役キャリアカウンセラーの日々の生活の中から感じることを紹介します。

  6. 本当に新しい働き方?!リモートワーク時代の考え方

    本当に新しい働き方?!リモートワーク時代の考え方子育て支援から始まった育休、時短勤務の導入。今では、リモートワーク導入や副業の容認など企業は多様な働き方を導入するようになりました。育児や介護・体調との両立、複数の組織で経験を積む等、働き方は多様化しているのです。

  7. 在宅ワーク導入の前にチェックしておきたい、課題と対処法

    在宅ワーク導入の前にチェックしておきたい、課題と対処法育児や介護等で時間や場所に課題を持つ人材活用のためのツールとして、在宅ワークの導入が注目されています。一方で、セキュリティの問題やモチベーションの維持、マネジメントの課題が発生しているのも事実です。

  8. ダイバーシティの壁は、無意識バイアスと古い成功モデル!?

    ダイバーシティの壁は、無意識バイアスと古い成功モデル!?制度を整えても、働き改革を進めて、多様な人材の活用が進まないのはなぜでしょうか?ダイバーシティ推進を拒む2つのワナと乗り越え方のヒントとは働き方改革×健康経営を実現するソリューション「クルソグ※」のキックオフプログラムで紹介された、...

  9. 【コラム】これまでと違う仕事に挑戦したい、フリーランスの場合

    【コラム掲載】これまでと違う仕事に挑戦したい、フリーランスの場合確実な成果にこだわっていると、いつも同じ仕事ばかり。フリーランスになると、スキルアップはできないのでは?よくお受けするご相談内容に対してコラムで回答させていただいています。よろしければご覧ください。

  10. 定時が存在しない、その背景とは【長時間労働改善のために】

    定時が存在しない、その背景とは【長時間労働改善のために】長時間労働の背景には、環境的要因と個人的要因があります。日々、働く方々の相談に乗るだけでなく、企業の職場環境改善も担当した経験から詳しく説明していきましょう。

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る