プレ更年期

  1. やりたい仕事に就けない時の、35歳からの対処法

    やりたい仕事に就けない時の、35歳からの対処法本来やりたい仕事とは少し異なる業務を担当しているときは、モチベーションも上がらないものです。同僚が活躍している姿を見ると、「自分だったらもっと活躍できるのに」と感じることもあるかもしれません。

  2. 【働く女性の体調管理】根性論から科学的理解と対処へ

    【働く女性の体調管理】根性論から科学的理解と対処へ女性のPMS(月経随伴症状)や更年期などの女性特有の症状は、「仕方がない」「我慢すべき」と考えられてきました。けれども、それらが原因で管理職を辞退したり退職を考える女性の事例から企業も本格的な対策に乗り出しています。

  3. 【オフィスで温め×メンターサービス】会話力UP講座

    【オフィスで温め×メンターサービス】会話力UP講座女性から企業を元気に。女性従業員の体調管理と仕事相談ワンストップサービスをビジックスワールド2017にてご提案させていただきました。

  4. 【35歳からのキャリアストレッチ】年齢リミットから目を背けないために

    【35歳からのキャリアストレッチ】年齢リミットから目を背けないために「35歳」は一般的には、未経験の職種への転職リミットだと言われています。吸収力も落ちてきて、新しい業務に就くと覚えるまで時間がかかるのも現実。

  5. 女性が昇進断る理由とは?

    女性が昇進断る理由とは?プレジデントウーマン主催「女性ホルモンを味方に付ける!30代・40代が知るべき更年期の話~働く女性のヘルスケアセミナー」に参加してきました。婦人科医松村圭子さんの基調講演、大塚製薬の西山和枝さんと医学博士本田由佳さんのセミナーと盛りだくさんの内容でした。

  6. 女性の健康が企業の成長を後押しする!えるぼし認定事例より

    女性の健康が企業の成長を後押しする【えるぼし認定の事例より】女性活躍推進法が施行して1年がたち、推進の状況が優良な企業への「えるぼし認定」が話題となっています。認定企業の中で、「女性の健康」に注目した取り組みについて紹介します。

  7. 女性が管理職辞退、人事の対処法とは

    女性が管理職辞退、人事の対処法とは先日、広島県で企業の4割が女性管理職がゼロというニュースが話題となっていました。※NHK広島NEWS WEBより必要な経験を満たしていない、という理由の次が「女性社員が管理職を希望しない」というものだったそうです。

  8. 40代ワーママ、もう一つのトリプルケアとは

    40代ワーママ、もう一つのトリプルケアとは厚生労働省のデータによると35歳以上での出産は26%を超え、4人に1人は「高齢出産」の時代です。最近では、育児の時期と親の介護の時期が重なる「ダブルケア」が話題となっています。背景と対処法についてキャリアカウンセラーが解説します。

  9. 妊活・婦人科疾患との両立キャリアカウンセリング

    妊活・婦人科疾患との両立キャリアカウンセリング妊活や婦人科疾患の治療のために、仕事を辞めようかどうか悩んでいませんか?カフェでゆっくりお茶を飲みながら、大人女性のキャリアのご相談、両立の話、お仕事復帰の個別相談をお受けしています。

  10. 35歳からのキャリア見直し、将来へのつなげ方

    35歳からのキャリア見直し、将来へのつなげ方横浜・上大岡「ゆるり塾」にて開催した「35歳からの折り返し!キャリア見直し講座」の開催レポートです。■35歳からの市場価値65歳まで働くとしても、40歳であと25年あるキャリア。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ページ上部へ戻る