ファミリーサポート

  1. 60代からの働き方セミナー

    60代からの働き方セミナー先日、60歳以上の女性向けのセミナーを担当させていただきました。人生100年時代の働き方人生100年時代といわれる今、いくつになっても自分らしく働くためのセミナーやイベントが増えています。

  2. 【コラム掲載】シングルマザーが転職・フリーランス転向時に注意しておきたいポイント

    【コラム掲載】シングルマザーが転職・フリーランス転向時に注意しておきたいポイントシングルマザーになったことを機会に、仕事や働き方を見直す方も多くいらっしゃいます。収入を確保しつつも、子育ての時間も確保したい。悩ましい状況ですが、シングルマザーならではの強みもあるのです。

  3. 集大成その1、ファミリーサポートとの関係

    集大成その1、ファミリーサポートとの関係この春、子供が小学生を卒業しました。それに合わせて、私にとって仕事上でも生活面でも集大成ともいえるいくつかの出来事がありました。一つ目は子育てと仕事の両立をサポートしてくださったファミリーサポートの皆さんへのご挨拶です。

  4. 40代ワーママ、もう一つのトリプルケアとは

    40代ワーママ、もう一つのトリプルケアとは厚生労働省のデータによると35歳以上での出産は26%を超え、4人に1人は「高齢出産」の時代です。最近では、育児の時期と親の介護の時期が重なる「ダブルケア」が話題となっています。背景と対処法についてキャリアカウンセラーが解説します。

  5. ファミリーサポートを利用するためのワーママの流儀

    ファミリーサポートを利用するためのワーママの流儀残業時の保育園や学童の送迎や、病気回復時期の保育などをお願いできる地域のサポーター、ファミリーサポートはワーキングママには心強い存在です。実家は遠くて頼れない、夫が単身赴任等の場合は特に頼りにしているという方も多いものです。

  6. 孫の世話でキャリアを中断?シニア層の悩みと解決策とは

    孫の世話でキャリアを中断?シニア層の悩みと解決策とは「親から子育てのサポートはできないと言われて困っている」「親もまだ働いているから頼れない」とワーキングママから悩みをお聞きすることがあります。一方で、孫の世話で仕事を辞めざる得なくなったというシニア世代からのご相談も受けたことがあります。

  7. 【面接突破コラム】病気時の預け先がないことを堂々と伝える

    残業できない、子供が病気時の預け先なし、面接でどう答える?残業ができないから、子どもが病気時に預かってくれるところがないからとできないことを気にしていたら面接は突破できません。今、活躍している再就職ママたちもこの壁を乗り越えてきたのです。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る