ダイバーシティ

  1. スポーツ嫌い党から学ぶ、人間関係の乗り切り方

    スポーツ嫌い党から学ぶ、人間関係の乗り切り方大学時代に広告研究会の冊子に掲載された友人なコラムのタイトルに心を奪われました。「スポーツ嫌い党」子供時代、クラスの中での立ち位置を決める要素として☑見た目のかわいさ☑勉強ができるかどうかは誰でも思い浮かぶ項目でしょう。

  2. キャリアセミナー・ワークショップ実績

    キャリアセミナー・ワークショップ実績一覧30代、40代の方向けキャリアセミナー、働く女性のキャリア見直し講座、イクボスセミナー、会話力UP講座等の実績をご紹介キャリアカウンセラーの強みを活かした、対話型ワークショップを中心に実施しています。実践ワークを通してその場で習得していただきます。

  3. 達成できる目標設定で満足⁈ミモレ大学より

    達成できる目標設定で満足⁈ミモレ大学よりWarisキャリアカウンセラーとしてミモレ大学のワークショップを担当させていただいています。京都では無職から7年かけて弁護士になった亀石倫子さんのお話をお聞きしました。こころに響いた言葉をご紹介します。

  4. 女性活躍推進の最初の一歩を踏み出すには

    女性活躍推進の最初の一歩を踏み出すには女性活躍推進の施行に伴い、2020年までに女性管理職の割合を増やす、育児などのライフイベントとの両立がしやすい制度を整備する等の目標に向けて、企業では研修や制度設計等の施策が進んでいます。

  5. 大人女性のための、考える時間

    大人女性のための、考える時間職場の人間関係が気になったり、良い企画が浮かばなかったりするとき、周囲からは「体を動かしてみたら?」「旅行でも行ってみたら?」などとアドバイスをされたりするものです。それも大切ですが、ときには、あえて「考える時間」を持つのもよいかもしれません。

  6. 人事制度は氷山の一角、ダイバーシティの本当のところ

    人事制度は氷山の一角、ダイバーシティの本当のところ企業の中で「ダイバーシティ推進施策」を進める際には、企業内で早急に改革が必要な領域から手を付けることが一般的です。

  7. 多様性を受け入れ、共存するためのヒント

    多様性を受け入れ、共存するためのヒント先日、長年習っていたバリガムラン(インドネシアのバリ島で演奏される楽器)の発表会を聞きに行ってきました。独身時代に旅行で訪れたバリ島の音楽に魅力にはまり、日本で教室を探して通っていたものの、忙しさや育児で中断。

  8. 思考傾向がわかるカレイドコンパス【35歳からのキャリアカウンセリング】

    35歳からのキャリアカウンセリングキャリアチェンジ、子育てや介護・婦人科疾患との両立、フリーランス・独立等、大きな変化を迎える皆さんのご相談をお受けしています。40代以降の働き方、1回完結型のため、短期で悩みを解決したい方にお勧めです。

  9. 家事も仕事もシェア。大人女性の仕事術

    家事も仕事もシェア。大人女性の仕事術かつて、男性中心のビジネス世界の中で働き続けるために、実家や外部サービスを利用して家事育児をサポートしてもらい、乗り切るという考え方がありました。けれども、「そこまでして仕事優先にしたくない」「自分らしく家庭優先で働きたい」という声があったのも事実です。

  10. あだ名はコミュニケーションを変えるか?ダイバーシティワークショップから

    あだ名はコミュニケーションを変えるか?ダイバーシティワークショップから3月30日(金)NPO法人GEWELの交流会「わたしから始まるインクルージョン」が開催されました。その中のワークショップで話題になったトピックから、「あだ名」と「コミュニケーション」について感じたことをご紹介します。

2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る