ダイバーシティ&インクルージョン

  1. 世代間ギャップの乗り越え方

    世代間ギャップの乗り越え方生まれた時からインターネットの世界があったデジタルネイティブ世代。IT関連の仕事では「ミドルやシニア世代は若手にはかなわない」という概念が広まりつつあります。

  2. 重要なのは能力や経験の多様性【ダイバーシティの本当のところ】

    重要なのは能力や経験の多様性【ダイバーシティの本当のところ】「ビジネススクールでは学べない世界最先端の経営学」によると、ダイバーシティ推進には2種類あり、能力や経験の多様性を推進するほうが、目に見える違い(年齢や性別等)の多様性を推進するよりも、効果が表れるというのです。

  3. 地方に貢献したい、を具体化!GEWEL交流会より

    地方に貢献したい、を具体化!GEWEL交流会より理事として活動するNPO法人GEWELにて、「地方の活性化と共生」をテーマにした交流会を開催しました。地方のために何かやりたい、地元を活性化したいが、具体的に何から始めたらよいか悩む方は多いものです。交流会からヒントをお届けします。

  4. 私の話は相手に負荷を与えている?D&I交流会より

    私の話は相手に負荷を与えている?D&I交流会よりダイバーシティ&インクルージョンを推進するNPO法人GEWELの理事としても活動をしています。ロジカルシンキングをテーマに行った6月の交流会から、普段の生活でも活かせるヒントをお伝えします。

  5. オランダのハームリダクションから学ぶ、個人主義

    オランダのハームリダクションから学ぶ、個人主義先日、東京大学にて開催されたイベント「ハームリダクションの可能性と課題」に参加しました。ハームリダクションとは、薬物使用やアルコール中毒等の物質使用の個人に対して健康・社会・経済的な害を軽減するプログラムや政策です。

  6. ロジカルでないかもしれない人の対処法

    ロジカルでないかもしれない人の対処法ビジネスの場では「ロジカルであるかどうか」が話題になることが良くあります。筋が通っている、根拠を示しながらわかりやすく説明できるなどの意味でつかわれています。

  7. 女性教授の割合は14%。アカデミック領域での女性活躍の実際

    女性教授の割合は14%。アカデミック領域での女性活躍の実際入学・進学の季節になりました。新しい環境に進む方も多いことと思います。私自身も今年度から大学院へ進学することとなりました。入学式出席の体験から、気づいたことをご紹介しています。

  8. LGBTの課題から読み解く、ジェンダーの課題【GEWEL交流会から】

    LGBTの課題から読み解く、ジェンダーの課題【GEWEL交流会から】バレンタインの日に発表された Equal Marriage集団訴訟 や、学生服をスカートだけでなくスラックスの選択が可能になったことなど、性に関するニュースを耳にすることも増えてきました。

  9. 自分の常識を疑うと出会うもの

    こうあるべき、当然やるべきもの、と考えている自分にとっての常識が、他人には通じないということはよくあります。ハッとさせられる理由それに気づいた時にハッとさせられるのは、過去に自分が人にしたことが、周り巡って自分に戻ってきているという事実に気付かされることが多いからです。

2019年9月
« 8月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る