ブログ

女性活躍推進の最初の一歩を踏み出すには

女性活躍推進の最初の一歩を踏み出すには

女性活躍推進の施行に伴い、2020年までに女性管理職の割合を増やす、育児などのライフイベントとの両立がしやすい制度を整備する等の目標に向けて、企業では研修や制度設計等の施策が進んでいます。けれども、ベンチャー企業や中小企業、業界的に女性従業員の割合が少ない企業では、まだまだこれからというフェーズではないでしょうか。

まず最初にやっておきたいこと

この数年、女性従業員の割合が少ない企業にて、女性活躍推進の最初の一歩に当たる研修を担当させていただくことが続いています。企業の共通点は、経営戦略の元、人事戦略の一つに「女性活躍推進」を位置づけ、他の施策と連携しながら推進されるということです。

例えば、3年かけて多様な人材の活用を推進する「ダイバーシティ推進」に力をいれ、その最初の施策として「女性」向けの施策を進めるといったケースがあります。女性向けの施策を推進後、外国籍やシニア層向けの施策、若手向けの施策、等と進めていき、最終的には、誰もが個性を活かしてイキイキと働く組織とすることを目的としています。

 

社内への意識醸成が推進を加速化させるポイント

女性活躍推進を加速化するためには、社内の経営戦略や人事戦略がどのような内容で、女性向け施策がどの位置にあるのかを従業員へ説明し、共通認識を持ってもらう必要があるでしょう。

「女性活躍推進」だけが独り歩きすると、「女性だけを特別扱いしている」「何のために研修や制度の変更をするのか」といった声が上がるからです。
性別や年齢等ではなく、誰もがイキイキと働ける組織にすること、それが最終ゴールとなりますね。
これからも、最初の一歩をお手伝いしてまいります。

セミナー実績
キャリアコンサルティング

関連記事

ページ上部へ戻る