ブログ

再就職が進まない理由、企業の本音

再就職が進まない理由、企業の本音

人材不足、多様な働き方の推進などで、企業就業ブランクがある人材の再雇用に積極的な企業も増えています。一方で、ブランクがある方の再雇用には懸念を持つ企業が存在することも事実です。

ブランクがあると仕事についていけない?

一般的には、仕事に慣れるまでの時間や受け入れ側の教育のコストへの不安、が再雇用へのハードルだと考えられています。ビジネススキルや業務に必要な知識が不足しているのではないか、家庭との両立でなれるまでに時間がかかるのではないかと懸念です。けれども、本当にそれらが問題なのでしょうか。

ブランク人材を大歓迎できない深い理由

ビジネススキルや知識を拡充するために、職業訓練や職場体験(インターン)、資格取得、非正規社員で経験を積むこと等を行い、カバーしている方もいらっしゃいます。また、家事のアウトソースやお子さんの預け先の確保により、家庭との両立もスムーズにできる場合もあるでしょう。

実際には、それらの準備ができていることと、ブランク中の地域活動や家庭人としての知識を活かして、短期間で即戦力として活躍する方もいらっしゃるのです。
それでも、受け入れ企業の懸念が晴れない理由の一つが、長年その企業で働き続ける正社員との関係です。

 

働き続けてきた人材との関係性

長年正社員として働き続けてきた人材にとって、「ブランクがなく働き続けてきた」ことは、労働市場での優位性だと考えられてきました。だからこそ、何かを我慢して、働き続けることを選択したのではないでしょうか。もし、ブランクがあっても優位性が保てるのであれば、もっと安易に仕事を辞めることを考えたかもしれません。
その「安易に辞める」ことを選択することで困るのは、企業です。採用や教育にコストをかけて育ててきた人材が安易に辞めてしまうほど残念なことはないのです。だからこそ、ブランクへのハードは高くしたまま、ということもあるのではないでしょうか。

 

ブランクを経て再就職するためのヒント

ブランク人材へ対して、懸念を持つ企業の本音には、働き続けてきた人材との関係性が背景にありました。ブランクがある人材は、地域や家庭での経験を通して、働き続ける人材へ消費者としての視点や働く楽しさなどを伝えることができる存在でもあります。立場を脅かす存在なのではなく、シナジー効果を与えられる存在であることを伝えていきましょう。

 

専門家として具体的な就職活動のアドバイスもしています。

派遣やパートから就職を目指す!再就職ワンストップサポート

 

キャリア開発セミナー/再就職セミナー

関連記事

ページ上部へ戻る