ブログ

ブランク人材が企業を救う?!2017年の再就職事情

ブランク人材が企業を救う?!2017年の再就職事情

最近、企業がブランクがある人材の再雇用に力を入れ始めたことで最近話題となっています。
かつての「ブランクがある人材に、仕事の機会を与える」というスタンスから、「早い時期に即戦力となる中途採用人材として判断する」と風向きが変わってきています。ブランクがある人材が再就職後に活躍する事例から、期待値が高まった一年と言えるのではないでしょうか。

マイクロソフトHPより「リターンシッププログラム」
サイボウズ式より「キャリアブランクがあってごめんなさいなんて謝らなくていい」

 

久しぶりの仕事復帰だからこそ、貢献できること

昨年、ガイアの夜明けで取材された「サイボウズ×㈱Warisキャリアママインターン」事業。私も事前研修講師として参加させていただきました。

久しぶりの仕事復帰を目指す女性が企業インターンを経て本格的に仕事復帰を果たす姿を追ったもので、キャリアにブランクがある人材は「社会のレールから外れた人」と捉えることに注力され、採用の現場でなかなか相手にされないということが紹介されました。けれども、その後、今年にかけて風向きが少しずつ変わってきたことを感じています。優秀な人材がいることに、企業が気づきだしたのです。

2月に明治大学で開催された「もう一度はたらくを始めよう」イベントでは、多くの企業が出展し、参加者と積極的に話をされていた姿が印象的でした。このイベントへ参加したことをきっかけに仕事復帰を果たした方もいらっしゃいます。

 

これらのイベントでは、「意欲」「仕事を楽しむ姿勢」などが企業からは評価を受け、「ステップアップを踏みながら仕事復帰できる」点を参加者から喜ばれています。私が担当する自治体などでのセミナーではそのことを伝え、最初のステップアップを踏みながら復帰できるように実践ワークでサポートしています。

サイボウズ×㈱Warisキャリアママインターン
明治大学もう一度はたらくを始めよう

 

子供が成長してから復帰する事例

お子様が小さいママだけではなく、お子さんが成長した後に仕事復帰を希望される方もいらっしゃいます。

3月に掲載された週刊誌「女性自身」の主婦の再就職特集では、履歴書&面接“受かる”コツ最新講座をご紹介しました。40代、50代のもう一度働きたい女性たち向けに、ガイドを作成させていただいたのです。人生100年時代といわれ、男性も女性も60代、70代と働き続ける時代となり、「40歳から復帰」「50歳から復帰」という事例は珍しくなくなってきたのです。かつてのように、夫が引退したら年金でゆったり暮らすというライフスタイルが、維持できなくなりつつあるという現実もあります。現実を受け止め、女性たちも社会復帰を目指す。団塊ジュニア世代が40代となりこれからも仕事復帰を目指す方は増えるのではないでしょうか。

週刊誌「女性自身」の主婦の再就職特集

 

これからの再就職事情

人生100年時代は、一度キャリアを中断しても何度でも復帰する時代となるのではないでしょうか。家庭の事情やご自身の希望で一度仕事を辞めたとしても、復帰したいときに復帰できる社会。私も専門家としてその実現にまい進していきたいと思います。

 

《参考コラム》

続 再就職後、ステージを上げるためにやるべきこと

キャリアを活かしてもう一度はたらく【仕事復帰カウンセリング】

ブランクがあるから活躍できる!仕事復帰を目指すキャリアスクール
再就職セミナー実績

関連記事

ページ上部へ戻る