ブログ

年齢・ブランクの乗り越え方【35歳からの再就職】

年齢・ブランクの乗り越え方【35歳からの再就職】

再就職講座やワークショップ、カウンセリングの中で「もう●歳だから難しいですよね」「ブランクが●年あるから難しいですよね」という言葉を耳にすることがあります。日本では日ごろから「年齢」を聞かれることが多くありますし、正社員として働き続けることがまだスタンダードである社会です。気になるのも当然ですよね

 

乗り越えている方から学ぶ、再就職活動の進め方

現実的には、40代50代の方でも、ブランクが10年以上の方でも仕事が決まる方はいらっしゃいますし、ブランクがなくても仕事がなかなか決まらないという方もいらっしゃいます。
そこで今回は、現役キャリアカウンセラーが年齢・ブランクの乗り越え方のヒントをお伝えします。

 

年齢との向き合い方

自分と同世代は再就職を希望する企業の中でどのような役割、業務を担当しているでしょうか。再就職は新卒採用と同じ扱いではなく、「中途採用」と同じ扱いです。新卒よりも早く現場に慣れて活躍し、中途採用人材としてゆくゆくは社内の同世代の役割に近づく可能性もあるのではないかと期待されているのです。また、若手の相談役やシニア層と若手の仲介役としての気概もあるのです。

実際に、契約社員やパートとして入社し、短期間で正社員登用、リーダー抜擢となった方の事例も少なくありません。
それらの企業からの期待を理解した上で、貪欲に仕事に取り組んだ結果、いつのまにか年齢の壁を乗り越えて活躍の場を創りだすことができるのです。

 

ブランクとの向き合い方

ブランクがあると「仕事似なれるまでに時間がかかるのではないか」「時代遅れになっているのではないか」と不安に思うものです。

けれども、企業からはブランク人材に対して「企業就業から離れていたからこそ身についたこと」への期待があります。仕事を楽しむ姿勢や客観的な消費者視点などです。それらが職場の中でよい影響を与えることもあるのです。

主婦視点を商品企画に取り入れて実績を出したり、貪欲に仕事を楽しみ社風を変えたと評価される方の事例もあります。
ブランク期間の活動もプラスに考えて仕事に取り組んだ結果、仕事へも相乗効果を出すことができるのです。

年齢・ブランクが気になって仕方がないとき

それでも、年齢やブランクが気になった動けないときは、自分自身のことをよく見なおしてみましょう。

「昔ほど輝いていない自分」に引け目を感じていませんか?
ブランクによって自己評価を必要以上に下げていませんか?
それは考えすぎなのかもしれません。

過去の自分もそれなりに輝いていたけれど、それを経て現在があるのですから今の自分もそれなりです。かつて働いていたころの自分が素晴らしかったというのは、過大評価しすぎているのかもしれません。自分自身からブランクの長さをマイナスして自己評価を下げていたとしたら、それはブランク期間の日々に失礼な話です。

思い出してみると家事、育児、人付き合い、ボランティアなど、よくやっていたと思いませんか?
年齢・ブランクが気になり、引け目を感じたり自己評価を必要以上に下げてしまっていたのは、働いていた時のように、上司や人事の評価もなく給与もなかったために「納得感」がなかっただけなのです。

再就職のために、まず一歩を踏み出す

再就職のためには、過去の就業経験とブランク期間の経験を振り返り、自分で話せるようにまとめ、心も外見もビジネスに戻るためにブラッシュアップしていく時間が必要です。さらに、自分だけでなく、家族も巻き込んで準備をしなくてはならないのです。

まずは情報収集を行い、専門家に相談し行動計画を立てていきましょう。考えすぎて動けなくなる前に、まず一歩を踏み出しましょう。

再就職経験者、多くの再就職希望者の支援実績を持つ専門家としてサポートしています。

 

■久しぶりのお仕事復帰相談キャリアカウンセリングご希望の方はこちら

株式会社Waris re:try(リトライ)プロジェクト登録者向けサービス

■カフェやサロンでのキャリアカウンセリングご希望の方はこちら

35歳からのキャリアカウンセリング

■再就職セミナー実績

活動実績

 

関連記事

ページ上部へ戻る