ブログ

再就職後、ステージを上げるためにやるべきこと

再就職後、ステージを上げるためにやるべきこと

ビジネスの第一線で活躍されている方が、「実はブランクを経て再就職した経験者」なのだとお聞きして驚くことがあります。再就職後、経験を積みながらステージを上げ、チャンスをつかんできた方々なのです。一方で、ブランクを経て再就職後活躍の場が見いだせずに悩んでいる方もいらっしゃいます。

再就職後に活躍するために、今からやっておくべきこと

再就職セミナー、明治大学スマートキャリア講座や大企業のママインターン事前研修でお伝えした事例から、ポイントをご紹介します。

 

活躍する人材の特長

企業から見てブランクを経て再就職した方の主な魅力は以下のようなものです。

☑仕事に対して前向き(新鮮な気持ちで仕事に取り組む、めげない)
☑消費者視点、親目線を持つ(業界や社内の常識にとらわれない)
☑対人スキルが高い(多様な価値観を持つ方々への対応ができる)

ブランク人材が入社したことで、社員たちも仕事の楽しさを思い出しモチベーションが上がる効果や、新たなアイデアを事業に取り入れる効果、メンバー間のハブ役として機能して組織全体が活性化する効果があるのです。

 

再就職まで時間がかかるケース

一方で、家庭との両立疲れや、体調管理不足、昔の経験にこだわりすぎる、家庭と同じように組織全体を一人で仕切ろうとするなどで仕事に悪影響を与えて仕事が続かなかったというケースもあります。

そのため、企業も以下のようなポイントで人材を見極めています。

☑仕事復帰できる準備は整っているか(家族との擦り合わせ、タイムマネジメントはできているか)
☑柔軟性高く、スピード感を持ってキャッチアップできるか(慎重すぎ人材、受身人材ではないか)
☑ビジネス感覚、ビジネスマナーがあるか(主婦感覚が強すぎないか)
☑スマートなコミュニケーション力があるか(メンバーや顧客との相性はどうか)

 

再就職後、ステージを上げる人の特長

仕事復帰直後は、久しぶりに仕事ができる喜びでいっぱいです。私自身もそうでした。ヒールを履いて通勤するだけでテンションが上がったものです。

でもしばらく経つと、「仕事の質」が気になり始めます。もっと責任ある仕事をしたい、●●業務に関わりたいと意欲が出てくるのです。それらの想いを実現し、ステージを上げられるどうかは以下のような行動が起こせるかどうかに関わってきます。

☑新鮮な気持ちで仕事に取り組み、常に手を上げて異動やプロジェクト参加、昇進の機会に飛び込む
☑業界や社内の常識に捉われない斬新なアイデアで企画を出し、サービス・商品に取り込む
☑多様な価値観を持つ方々への対応力を駆使し、顧客対応力やメンバーのマネジメントの質を上げる
前述した「活躍する人材の特長」を進化させ、『自ら行動を起こし周囲を巻き込みながら次の成果を出せるまでを継続できるかどうか』が重要なのです。

そのためには、自分自身の意欲だけでなく「飛び込める状況」を何度も創りだす必要があります。家族の応援を得られる、上司や同僚を味方につけられる、仕事にコミットできる体力の維持などのスキルが必要なのです。

夏は就職活動の準備を始めるにはよい時期ですね。お子さんの宿題を見ながら、情報収集や就活の計画から始めてみてはいかがでしょうか。パートナーや親・親戚とこれからの仕事について話をしておくのも大切です。
秋から、来年から、来春から本格的に仕事復帰を考える方は、今からの準備が成功のカギです。

専門家としてサポートしています。

 

就活ノウハウを収集したい方はこちら

主婦応援サイトシュフィール「仕事の悩み解決コラム」

久しぶりのお仕事復帰のご相談はこちら

㈱Waris:リトライプロジェクト「キャリアカウンセリング/レジュメ添削サービス」

再就職セミナー、ママインターン事前研修

再就職セミナー実績

関連記事

ページ上部へ戻る