ブログ

6ヶ月前から始める再就職準備講座 VOL.4

6ヶ月前から始める再就職準備講座 VOL.4

お子様も成長して自分の時間が少しできたら、そろそろ準備を始めませんか?

女性の再就職準備のエッセンスをお伝えしています。

 

4.主婦レジュメ

再就職時期を周囲にも宣言し、家庭の中での役割も少しずつ変え、お子さんの預け先や居場所の見通しも立ったら、いよいよ仕就職活動です。
仕事探しの前に、最初に取り組むべきなのは、履歴書と職務経歴書【レジュメ】の準備です。

もし、仕事の情報をもらってもレジュメの用意ができずに応募のチャンスを逃してしまうこともあるからです。さらに、十分な準備なしに作成したレジュメを提出しても不採用が続いていしまいます。時間をかけてもよいので、レジュメの作りこみをしていきましょう。

 

《履歴書のポイント》

・正確性:企業名や学校名、資格の名称や年月日を確認しましょう。
・現実性:写真は最近のものでビジネスメイクにジャケット着用して撮影しましょう。
・ビジネス性:退職後の活動を一言添えておく、勉強中の資格を記載しておくなど「ビジネスに戻る準備をしていたこと」を記載しましょう。

《職務経歴書のポイント》

・正確性:まずは一社ごとの経験を書き出してみましょう。一日の流れや年間の流れを整理すると、主な業務とご自分が出した実績がクリアになるはずです。
職務経歴の記載の際は、「主な業務」「実績」を書くようにしましょう。
・統一性:希望する職種ごとに記載する【キャリア式】、希望する職種に近い最近の職歴から記載する【逆年代式】のどちらかを選ぶとよいでしょう。
・PR力:仕事に活かせる長所を記載しておくと、面接の場でもスムーズにこたえられます。エピソードから考えてみましょう。

※詳しい書き方はこちらをご参照ください。
主婦応援サイトシュフィール「主婦の履歴書はどう書く?」
主婦応援サイトシュフィール「履歴書の必要せいとは?就職した主婦のための書き方講座」

 

《主婦レジュメの特長》

ブランクがある、残業ができないなどの事情があるのが主婦の就活です。けれども、条件や懸念点を強調してレジュメに書いても書類通過にはつながりません。
独身時代の経験+ブランク期間の経験をうまく反映し、採用担当者に興味をもってもらうことが大切なのです。

レジュメ作成は就活の中でも最大の壁です。ここを乗り越えられればあとはグッと楽になりますよ。
出来上がったら、働いている友人などに客観的な目で見てもらうとよいですし、キャリアカウンセラーによる添削指導も利用しましょう。

 

■就活ノウハウを収集したい方はこちら

主婦応援サイトシュフィール「仕事の悩み解決コラム」

■再就職準備講座

6ヶ月前から始める再就職準備講座 VOL.1「宣言」
6ヶ月前から始める再就職準備講座 VOL.2「変革」
6か月前から始める再就職準備講座 VOL.3「居場所」

■久しぶりのお仕事復帰相談キャリアカウンセリングご希望の方はこちら

株式会社Waris re:try(リトライ)プロジェクト登録者向けサービス

 

関連記事

ページ上部へ戻る