ブログ

心も体も温める効果とは【35歳からのキャリアの継続】

心も体も温める効果とは【35歳からのキャリアの継続】

女性社員向けの福利厚生サービスとして「オフィスで温め&メンターサービス」を始めた理由は、婦人科疾患とキャリアの両立に悩む女性達の存在です。責任感が強い女性ほど、体の不調を我慢してまで仕事に邁進しようとする傾向があります。

企業の成長のために、女性従業員の健康管理推進

休職や退職に繋がれば企業としても貴重な人材の損失となります。女性のキャリアと温めの効果について解説しています。

心と体を温める効果

「責任感が強い女性ほど、婦人科系疾患に悩んでいる」ことに気付いたのは15年以上前になります。優秀な女性ほど、正社員を退職して派遣社員やパートに転向していた時代があったのです。「通院との両立で職場に迷惑をかけたくない」と自ら正社員を退職し時間の融通が利く非正規社員として働き続けていらっしゃったのです。

PMS、婦人科疾患、プレ更年期などの症状に悩む女性は少なくありません。昔の女性に比べて、出産機会が減り生理の回数が増えたことも理由に上げられていますが、男性社会の中で働き続けるプレッシャーによるストレスや、育児家事との両立疲れなどもあるでしょう。
さらに、「周囲に迷惑をかけてはいけない」と仕事を頑張りすぎる責任感の強さもあるのではないでしょうか。

優秀で責任感が強い女性は、ビジネスので世界でも活躍できる女性です。退職ではなく、「キャリアを継続する」ことも考えてほしいと思っています。
企業にとっても、優秀な女性の退職やリーダー・管理職辞退は大きな痛手です。経営基盤を強固なものにするためにも、社員の福利厚生を見直していきたいところですね。

 

キャリアの継続、職場復帰のご相談

メンターサービスでは、働き方や業務内容を職場へ相談する際のアドバイスや短時間で実績を出すためのスキルアップ方法、ストレス解消法等をアドバイスしていきます。

多くの働く女性の相談に乗ってきたキャリアカウンセラーとして、今課題を抱える個人の方、女性社員のキャリア開発を考える人事の方、両方の側面からアドバイスをしてまいります。

 

従業員を大切にするために、給与を上げること、人事の相談を増やすこと等多様な施策を立てていらっしゃる企業も多いものです。

女性従業員が必要としていることは、「気にかけてもらうこと」「大切にされていることの実感」です。まずは、ご相談をお受けしています。

 

《企業向け》オフィスで温め×メンターサービス

《個人向け》個人の方で、冷え・低体温改善サロン「ゆるり」ご利用の方は、提携サービスをご利用ください。

関連記事

ページ上部へ戻る