ブログ

体調不良からの仕事復帰、人事が気にかけておきたいこと

体調不良からの仕事復帰、人事として気にかけておきたいことをカウンセラーが解説!

春は入学、入社の時期ですが、久しぶりに職場復帰という方も多いのではないでしょうか。
体調不良からの職場復帰や、ブランクを経ての再雇用の方の事例はまだまだ少なく、人によって状況も異なるため受入れ側も戸惑うことが多いものです。
人事として気にかけておきたいことを、職場復帰する側の相談事例も多数持つカウンセラーがお伝えします。

 

■職場復帰時に確認する項目とは

以下の順番で確認するとよいでしょう。
☑業務に支障がある症状の有無を確認する
☑症状が発生した時の対処方法を確認する
☑本人がやりたいこと、できることを再確認する
確認をしないままに復帰する場合に、
業務には支障がないといいながら痛みなどを我慢してしまい、それを知らないメンバーからは「仕事をさぼっている」と誤解されることもあります。
一方で、配慮しすぎて簡単な作業だけを任せると「やりたいことができない」とモチベーションが低下してしまいます。
普段からの関わりや、実際の仕事ぶりを見ながらサポートしていく必要があるのです。

 

■受け入れる側のサポートとは

さらに人事としては、復帰する人材のサポートだけでなく、受入れる職場スタッフのサポートが必要となります。
そうはいっても、すべてをきめ細やかにフォローするのは難しいものです。そこで、体調不良から職場復帰や再就職支援実績が豊富な専門家として、
復帰する人材のサポートをお受けしています。
具体的には、
本人の志向と企業の期待の折り合いの付け方や、組織全体のモチベーションの維持などケアしてまいります。
現在の体調では難しい業務、少しずつキャリアを積み将来へ繋げる仕事のやり方等、市場に詳しいカウンセラーからの説明を受けて初めて納得する方も多いものです。
次回は育休復帰のサポートについてお伝えします。

 

《企業向けメンターサービス》職場定着、パフォーマンス向上をサポートします。

職場定着メンターサービス

関連記事

ページ上部へ戻る