ブログ

女性は成功を喜べない、インポスター症候群とは

女性は成功を喜べない、インポスター症候群とは

仕事で成功を収めても、周囲から賞賛を浴びても、「まだまだです」「私の実力ではなく周囲のおかげです」とおっしゃる女性は少なくありません。

CEOも感じていた女性ならではの症状「インポスター症候群」

FacebookのCOOシェリルサンドバーグが著書「リーン・イン」の中で紹介した「インポスター症候群」という心理傾向について解説します。

まだまだ、と考える要因

インポスター症候群とは「この成功は自分の力ではない。いつか本当に力がばれてしまう。周りをだましている」と思い込んでしまう傾向です。※
同じ場面で男性が「はい、努力が実りました!」「この日のために頑張ってきました!」などと肯定的に発言することが多いため、女性特有の事象とも言えるでしょう。

それらの姿は、男性からは「自信がない人」と捉えられてしまい、仕事上のチャンスを逃してしまうこともあるのです。

さらに、自分で自分に「あなたは、まだまだなのよ」と暗示をかけてしまい、行動をストップさせてしまうこともあります。そして、問題なのは、女性たちがそのことに気づかずに日々過ごしていることです。

私もその一人です。

 

自己評価を下げるのは自分

先日参加したワークショップで、ハッとさせられたフィードバックをもらいました。
「豊富な経験を持っているのに、やるべきことも明確なのに、何が気がかりなのか」というものです。私自身もある領域では、自己評価が低く行動が進まないことがあります。
私がこの傾向を持っている要因2つをご紹介します。
一つが、「保守的な環境」です。
九州の保守的な環境に育ち、小さいころから「女の子は目立ちすぎてはいけない」「女の子は控えめにするべき」と言われてきました。学校生活でもリーダーは男性で、女性がサブリーダー役という構図が一般的。それでも社会人としては同等の機会に恵まれて試練にも遭遇しながらも経験も積んできたと思っていたのですが、どこかで「控えめにしておいたほうがうまくいくよ」と過去の自分が今の自分に暗示をかけていたのかもしれません。
もう一つの要因は、女性に多い「完璧主義傾向」です。
リーダーや管理職を打診されて、「自信がありません」「私には荷が重いです」と断る女性の中には、
「リーダーや管理職は失敗できない」と思い込み、何か失敗をしたら周囲に申し訳ない、自分も立ち直れない、と先を考えすぎている方もいらっしゃいます。

例えば、担当したプロジェクトがうまくいかなかったら、育てたメンバーが退職してしまったら、と考えすぎてしまって動けないということはありませんか?私はストレス下にあるとその傾向が強くなり、あらゆる行動にブレーキをかけることがあります。

私自身も気付いた時にはスイッチを入れて行動を起こすようにしていますが、
まずは、「まだまだです」と「はい、苦労した甲斐がありました!ありがとうございます」と言い換えることが大切かもしれませんね。これまで自分に自己評価を下げる暗示をかけていたところを、自己評価を上げる暗示をかけていくということです。

 

人事として見るべきポイント

そして、女性をリーダー、管理職として育成したい人事としては、「まだまだです」と言われた時の対策を立てておきたいものです。
具体的にこれまでの成果と会社としての期待値を説明し、本人に納得してもらいましょう。
経験豊富な人材をメンター役に付けるなど、ある一定期間は見守ることも大切です。

私も専門家として女性へ「成果と期待値」を伝える役割を担っています。

日本の人事部より「インポスター症候群」解説記事

 

《企業向けメンターサービス》

職場定着メンターサービスはこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る