ブログ

職場に入る人と、人を受け入れる人のストレス

職場に入る人と、人を受け入れる人のストレス

新年度に入って1か月が過ぎました。転職や異動、久しぶりの仕事復帰などで疲れがたまってきたという方もいるのではないでしょうか。気を付けたいのは、「新しい人材を受け入れる側」にいる方にも疲れが出ているかもしれないということです。

ストレスが発生時の対処法

ダイバーシティ推進や働き方改革が進み、これまでのメンバーとは異なるバックグラウンドの方や、働く時間や場所に制約がある方などと一緒に働く機会も増えていることでしょう。新しく入る側には、職場見学や研修などで少しずつ慣れていく時間が用意されていることがよくあります。けれども、受け入れる側にはそこまでの準備期間がなくスタートとなることが多いのではないでしょうか。新しいメンバーの加入によって担当業務が変わることもあるでしょう。

「環境の変化」は、誰にでも負荷を与えます。新しい環境に入る側だけでなく、新しい人材を受け入れる側も、時間をかけて準備をしておきたいですね。疲れを感じたら休む、負荷が高い業務担当の変更を申し出る等、アクションを起こしましょう。無理は禁物です。

参考:厚生労働省「5分でできる職場のストレスチェック」

関連記事

ページ上部へ戻る