ブログ

女性の体調とキャリアの両立支援は、企業の経営戦略【よこはま健康経営会議より】

女性の体調とキャリアの両立支援は、企業の経営戦略【よこはま健康経営会議より】

2月15日に開催された、第2回よこはま健康経営会議に「オフィスで温め×メンターサービス」としてブース出展いたしました。会議の内容から今後の課題と解決のヒントについてお伝えします。

従業員の体調不良は高齢化ではなく、不健康が原因

東宝タクシー株式会社が健康経営に取り組むきっかけは、従業員の体調不良。毎年死亡退職者がいらっしゃったそうです。現在は、生活環境の見直しや、喫煙や食生活の改善などに全社を挙げて取り組んでいらっしゃいます。

 

働く女性の健康問題と取り組み

経済産業省からは、今後の健康経営の課題として「女性の健康」について紹介がありました。女性特有の疾病、不妊治療や月経、更年期紹介と仕事の両立が近年は話題に上ることも増えているのです。大手企業では、妊活中の時短勤務利用や、更年期症状に関するセミナー開催などの施策が進んでいますが、中小企業ではまだこれから、というところも多いのではないでしょうか。

私が普段接する働く女性たちは、環境が整備されていない職場には見切りをつけて退職や転職を選ぶ傾向があります。体への負荷が高い婦人科疾患や更年期症状などは、我慢できるものでもないからです。企業にとっても、即戦力として育てた中堅社員や、管理職人材が離職するリスクは大きいものです。既存の健康管理施策が、男性向けものではないか、もう一度見直してみてもよいでしょう。

 

従業員の健康管理のための外部サービス

オフィスで温め×メンターサービスは、着替えのいらない電子療法サービス「温め」と、カウンセリング経験豊富なカウンセラーによる「メンター相談」で従業員一人一人に寄り添い悩みを解消するサービスです。
個別相談では体調と仕事の両立や、リーダー・管理職挑戦へのアドバイスなど、専門家として「キャリア継続」のアドバイスをいたします。
ワークショップでは、社内のコミュニケーション活性化につながるイクボスワークショップ、対立ワーク、傾聴力ワーク等を実施します。

どうぞお気軽にご利用ください。(男性従業員の方のご利用実績もございます)

 

オフィスで温め×メンターサービス

メンターサービスのみのご利用も承っております。

 

人間関係も仕事の質も変える?!女性の体調管理

関連記事

ページ上部へ戻る