ブログ

キャリア支援が、病気休業からの職場復帰支援のカギ

キャリア支援が、病気休業からの職場復帰支援のカギ

中小企業経営者や管理職の方からは、病気休業から復帰する人材の支援の悩みをよくお聞きします。体調管理について、どこまで踏み込んでよいのか難しく苦労されていることが多いのです。

働きたいけれど働けない悩み

一方で、職場復帰を目指すも難しいという働く側の悩みもお聞きすることがあります。双方の悩みを解決するためにはどうしたらよいのでしょうか?
現役キャリアカウンセラーによるコラムです。

 

キャリア支援は本人だけでなくメンバーも必要

療養を経て職場復帰を目指す方の最初の関門は、主治医の「職場復帰可能判断」です。それにより自分でも意識が高まり、さらに職場に相談して復帰支援計画を進めてもらうこともできるでしょう。その際のポイントは「働いたい」という意欲の確認と、「仕事として、今できること・できないこと」の判断です。※

「できること・できないこと」に重点を置いてしまうと、本んの意欲の置き場がなくなり空回りすることもあります。意欲に重点を置いてしまうと、「できること」を上回って疲弊してしまうことがあります。無理をして体調を崩さないよう、気持ちと体力のバランスを見ながら進めていくことが大切です。

さらに、受け入れる職場のメンバーのケアも必要です。それぞれのキャリアビジョンや、今できること、できないことを確認し、職場復帰する人材のサポートもしつつメンバーのキャリア継続がスムーズにいくように、考えていくことが大切です。

 

体調管理とキャリアの相談はワンストップ

謙譲な方が、あるきっかけで体調を崩し仕事の両立に苦労するケースは少なくありません。けがや病気だけでなく、転居や親の介護等、ライフイベントとの兼ね合いもありますし、昇進や昇給がプレッシャーとなって心の体調を崩すということもあります。

キャリアの相談をお受けする際に、「実は」と体調管理の悩みをお聞きすることは日常的によくあります。違和感を感じたら、周囲に相談すること。時には、社外の友人や知人に相談してもよいでしょう。また、客観的な立場でアドバイスをもらえる外部の専門家を利用するのも一つの解決策になるでしょう。私自身も、所属していた企業の福利厚生サービスの一環で外部の専門家へキャリアの相談をした経験があります。普段から外部の専門家へ相談できる体制を整えておくのもよいでしょう。

 

厚生労働省HPより「職場復帰支援の手引き」

労働者健康安全貴行「職場復帰支援にかかるモデルプログラム」

 

《企業向けサービス》出張サービスをお受けしています。

企業向けメンターサービス

 

体調不良からの職場復帰、受け入れ側のサポート【メンターサービス】

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る