ブログ

キャリアもライフも楽しむ上司とは?イクボス度チェックより

キャリアもライフも楽しむ上司とは?イクボス度チェックより

「イクボス」とは、職場で共に働く部下・スタッフのワークライフバランス(仕事と生活の両立)を考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績も結果を出しつつ、自らも仕事と私生活を楽しむことができる上司(経営者・管理職)のことです。
(ファザーリングジャパンのホームページより)

中小企業・ベンチャー企業こそ注目すべき施策

イクボス宣言をすることで、注目を浴びて採用や就業継続につなげる企業も増えています。昨年発表された、イクボス式就業規則ではワークライフバランスを実現するために独自の就業規則を整備し、運用している中小企業の事例も多数紹介されていました。

 部下とはコミュニケーションが取れている場合の、その後の対応

ビジックスワールド2017では、中小企業の経営者や管理職の方々にイクボス度チェックを体験していただきました。日ごろから、部下とのコミュニケーションをとり、きめ細やかに業務指導をされている様子がうかがえました。

気になったのは以下の点です。

☑部下の将来の希望(今後のキャリアビジョン、学びたいことなど)は把握していない

☑立場上、仕事の負荷が大きいため家庭での時間が少なくなる(経営者、上司としての業務に追われている)
人材難に悩む中小企業にとっては、入社してくれた人材はずっと会社にいてほしい大切な財産です。また、少数精鋭のために経営者や管理職自身も日々の業務に追われているという事情もあるでしょう。
けれども、退職・転職を考える大きな理由の一つは「この会社にいても、キャリアパスが見えない」「上司が仕事を任せてくれない」というもの。
 大切にしたい部下だからこそ、将来のキャリアビジョンや学びたいことなどを聞いてみて、機会を与え、少しずつ管理職の仕事の委任も始めておきたいものです。
 中小企業で働く魅力は「大手企業に比べて早い時期から仕事を任され成長できる。複数の職種を経験できる」といったものだからです。

社外メンターが本音を引き出し、スキルアップを後押しする

オフィスで温め×メンターサービスでは、電子温熱療法による体調管理と、社外メンターとしてのカウンセラーによるしごと相談によって体調を整えながら仕事への意欲を促し、組織の中でのスキルアップやキャリアデザインを後押ししていきます。

経営者、管理職の方々の意向をお聞きしながら従業員との間を調整する役割としても機能する、企業向けサービスです。多くの個人向けサービス実績から、一人一人に寄り添う力が違います。

神奈川新聞にて「オフィスで温め×メンターサービス」取材記事が紹介されました

お気軽にお問合せください。

 

《企業向けサービス》

オフィスで温め×メンターサービス

オフィスで温め×メンターサービス

《個人向けサービス》

個人向けキャリアカウンセリングサービス

キャリアカウンセリング

関連記事

ページ上部へ戻る