ブログ

ビジネスの場だからこそ、人に寄り添うサービスを

ビジネスの場だからこそ、人に寄り添うサービスを

人事制度を整備し、業務改善して職場環境を整え、健康診断の結果等を元に健康的な生活を送っているとしても、「安心感」や「幸福感」が感じられないとしたら残念なことです。
それらが感じられないまま過ごしていくと、いつのまにか体調にも影響が出てくるかもしれません。病院に行くほどではないけれど、体調不良が続いているという方、周囲にいらっしゃいませんか?

 

女性ならではの体調の悩みと仕事の悩みと向き合う

元来、責任感が強い女性ほど、体調が悪くても気になることがあっても自分のことは後回しにしがちです。例えば毎月のPMSを我慢している、上司や顧客からの厳しい言葉を我慢している、子育てとの両立に疲れ切っているが我慢しているなどあるかもしれません。その結果、体調を崩したりモチベーションを保てなくなって退職、となれば企業にとっては大きな損失です。今から対策を取っておきませんか?

 

オフィスで温め×メンターサービス

婦人科疾患を抱える働く女性の年間の医療費と労働損失の合計は6兆円以上と言われています*。これらの悩みは、女性社員がリーダーや管理職昇進を断る理由の一つでもあるのです。従業員の悩みを解決し、仕事でさらにパフォーマンスを上げてもらうために、女性従業員の免疫力をUPし、仕事の悩みを解決する専門家サービスを始めます。

 

着替えのいらない温熱療法サービスゆるりの治療器レンタル×カウンセラー島谷美奈子のメンター相談・ワークショップお試しプランは下記よりお申込みください。

女性の健康から、企業を元気にしてまいります!

詳細・お申込み

 

*「PMS(Premenstrual Syndrome)」生理前2週間の間に起こる症状。頭痛、腹痛、無気力などが、仕事ができないほど重い症状のケースもある。
*「婦人科疾患を抱える働く女性の年間の医療費と労働損失の合計は6.37兆円」日本医療政策機構の調査結果による

 

《関連コラム》

体調不良の従業員を全社で支援、健康経営のメリットとは

女性が昇進断る理由とは?

婦人科疾患や妊活でキャリアを中断しないために

関連記事

ページ上部へ戻る