ブログ

女性の健康が企業の成長を後押しする!えるぼし認定事例より

女性の健康が企業の成長を後押しする【えるぼし認定の事例より】

女性活躍推進法が施行して1年がたち、推進の状況が優良な企業への「えるぼし認定」が話題となっています。認定企業の中で、「女性の健康」に注目した取り組みについて紹介します。

従業員の健康管理に企業が着目する理由

働き続ける女性が増えるにつれて、男性中心の社会では気づかなかった「女性の健康と仕事との関係」がクローズアップされてきたのです。実際に、企業としてどのように取り組めばよいのでしょうか。

 

女性は体調管理が難しい時期がある

日経BPネットの記事によると、日立ソリューションズでは女性の体調管理についてのセミナーを社長が聴講し、女性特有の病気やホルモンバランスについての事実を聞き、管理職は知っておくべだと認識を強めていらっしゃるそうです※。健康問題に取り組み女性にとって働きやすい環境が整えば、現在よりもさらに活躍するということ。そうなると企業の業績UPに繋がりますし、従業員の信頼度が高まり企業の信頼度そのものも向上するでしょう。

PMS、妊娠時期や育児期の体調の変化、プレ更年期や更年期の症状について、男女ともに知っておくことはとても大切なことです。なぜなら、これまではその知識がないために女性自身も無理をして体調を崩したり、管理職も悪気なく女性へ負荷の高い業務を指示していたという事例もあるからです。

 

自律的に体調管理ができる環境づくり

企業内での情報共有を進めた後は、個人の事情に合わせたサポート体制を整えておくとよいでしょう。

キャリアカウンセリングやワークショップにいらっしゃる方には、仕事の進め方や働き方についてのアドバイスだけでなく、布ナフキンの利用や、冷え改善の温熱療法サービスの利用もお勧めすることがあります。

女性同士のキャリアの相談で体調のことを話すのは自然な流れです。婦人科疾患や妊活、プレ更年期の症状とキャリアの両立の事例は多く取り扱っていますし、私自身も体調管理に悩んだ経験があるからです。けれども、男性上司や男性の先輩には、なかなか話せないのではないでしょうか。

仕事が忙しすぎて、休む暇がなかった。体調は悪かったけれど、女性特有の症状なので言いにくかった。というご相談は少なくありません。

もし退職する人材が続いた場合は、企業にとっても大きな損失です。
企業として、女性従業員が利用できるサービスを整備しておくことはこれからますます求められるようになるでしょう。

 

 

nikkei BPnetの記事より「女性活躍には女性の健康問題を経営層は知っておくべき」

《参考コラム》

婦人科疾患で6兆円の損失?!女性のキャリア継続策とは

《女性特有の健康問題とキャリアとの両立に》

職場定着メンターサービス

《個人の方の両立相談》

キャリアカウンセリングサービス

関連記事

ページ上部へ戻る