ブログ

男性は残業するのが当たり前?!【長時間労働の環境改善のヒント】

男性は残業するのが当たり前?!【長時間労働の環境改善のヒント】

長時間労働が常の職場では、女性は家庭との両立が難しい、改善術であるという議論をよく聞きます。けれども「女性」だけの問題なのでしょうか。

男性は長時間労働が当たり前?

男性だから残業は当たり前、ではないはずですよね。と、講演でお聞きしてハッとさせられました。

ファザーリングジャパンの10周年記念フォーラムの場で男性学の田中俊之さんから聞いたお話です。

 

男性は仕事優先であるべき、の議論の背景

育休復帰後働き続ける女性が増えたことをきっかけに、介護や不妊治療との両立も注目されるようになってきています。

けれどもそれは「女性対象」だと考えていないでしょうか?

男性に対しては

「仕事優先」「いつもバリバリ働いている」「遅くまで働いている」ことが当然で、それを評価している傾向はありませんか?
実際に男性が残業しないで帰ろうとすると、「やる気がない」「出世をあきらめたのか」等と言われる、という話も聞きます。

 

誰もが働きやすい環境整備、そのために必要なこと

けれども、男性だって家族との時間を大切にしたいし、介護を抱えている方もいるし、独身だって自分の時間を大切にしたいはずです。
女性だけが残業無し、短時間勤務、在宅ワークを利用し、男性は長時間労働を続けていたとしたら、女性だけが家事育児をフル稼働でこなし、男性は帰宅した人材の分も仕事をこなし続ける、という負の連鎖が続いているのかもしれません。
 
だれもが仕事もプライベートも楽しめるように、根本的な働き方改革を進めなければ何もならないのです。
残業なしで帰宅しようとすると、時短勤務を取得すると、男性社員に冷ややかな目で見られるのだとしたら、あなたへの不満ではなくて、男性の働き方がHAPPYではないということなのかもしれません。
 
職場のすべての方が納得できる環境になるように、一歩一歩進めていきましょう。時間に制約をもった人材である、私達女性だから当事者として主導できるはずです。
 
そして、私たち女性も「男性だから当然、仕事優先で頑張って」の意識を変えていく必要がありますね!
 

《関連コラム》
やる気が見えない社員の動かし方【職場環境改善の現場より】
定時が存在しない、その背景とは【長時間労働改善のために】

関連記事

ページ上部へ戻る