ブログ

女性管理職30%の時代、男性も〇〇で30%を目指す

女性管理職30%目指すなら、主夫30%も目指す!

ファザーリングジャパン10周年フォーラムで非公式団体から印象に残る言葉を聞きました。 主夫、というのは飛躍しすぎと感じる方も考えてほしいことがあります。背景についてお伝えします。

■女性活躍推進の時代

女性活躍推進とは女性だけが、家事と育児、仕事とフル稼働でがむしゃらにやり続けるということなのでしょうか?ビジネス社会においては管理職比率や給与額の差が大きい女性に焦点を当てているけれども「働く人たちすべて」の環境ややりがいにも見直す時期にきた、ということではないでしょうか。

女性活用という言葉には「男性社会に女性も入れてあげるよ」という思いが隠れているように感じますが、一方で、「男性の育児参加」「男性の地域参加」等の言葉にも「女性社会に男性も入れてあげるよ」という思いが隠れているように感じます。
男性も女性も、家庭も仕事も楽しむ時代にこれから変えていくということ。それが女性活躍推進法施行の背景にもあると考えています。
コラムを書かせていただいております。
よろしければご覧ください。
株式会社WarisFacebookページより
男性の3割が主夫になる?

関連記事

ページ上部へ戻る