ブログ

フリーランスや起業家のコミュニティ、存在理由と活用法

フリーランスや起業家の女性達からよく聞く悩みが、「上司や仲間がほしい」ということ。

今回はその悩みを解決できるコミュニティの活用についてお伝えします。

◆会社員を辞めて気づく存在の大きさ

会社員時代はあれほど悩みの種だった、「上司や同僚」。

気難しかったり、空気が読めないタイプだったり、その時の上司の特徴を掴み対応しながら仕事をこなすのは、時にはストレスを感じることもありました。

また、ライバル的な存在である同期の活躍が励みでもあり、時には疎ましく感じることもあったものです。

その環境から逃れてホッとしたのもつかの間、

全てを自分で決断して行動を続けていく「自由さ」が、心地よくもあり、

時々物足りなくなったことに気付くのです。

 

 

◆上司や同僚に変わる存在の見つけ方

同じ組織に属していたからこそ、真剣に育ててくれた上司や切磋琢磨しながら一緒に育ってきた同僚たち。

組織から離れてしまうと、それがなくなってしまうのです。

その環境の厳しさにハッとさせられます。

どうしたらいいのでしょうか?

 

そう感じたら、上司、同僚の代わりになる存在を探しておけばよいのです。

活躍する大先輩が上司の代わり、いつも気になる活動をしている女性達が同僚の代わりです。

書籍やメディアで発信されるメッセージだけでなく、登壇されるイベントに実際に足を運んで話を聞くのもよいでしょう。

交流会や勉強会に参加して、会話を通して自分のロールモデル、仲間となる方を探してみてはどうでしょうか。

どうしても見つからない時は、自分自身が交流会や勉強会を主宰するのも一つです。

 

◆コミュニティの活用方法

一つだけではなく、複数のコミュニティに属し活用するとよいでしょう。

最初は価値観が同じで居心地が良かったコミュニティも、メンバーの成長や事業の方向性などにより

違和感がでてくることもあります。

その都度、興味や習得したい知識、広げたい人脈の違いによってその時に必要なコミュニティを選び、

活用すればよいのです。

 

会社員時代も同じ部署のメンバーとだけでなく、

他部署のメンバーとも部署を超えた横断的なプロジェクトやコミュニティを作って交流していた、

他社の方々とも、異業種交流をしていという経験をお持ちの方も多いはずです。

複数のコミュニティを活用することで、シナジー効果を得てさらに成長できるのです。

 

そろそろ、新しいコミュニティに参加する時期、

これまで育ててきたコミュニティを新しいステージへ上げる時期、

そう感じたら自分自身のステージが上がっているということかもしれません。

 

 

《参考コミュニティ》

大倉山女性起業家ビジネスサロン

 

関連記事

ページ上部へ戻る