ブログ

地方に貢献したい、を具体化!GEWEL交流会より

地方に貢献したい、を具体化!GEWEL交流会より

理事として活動するNPO法人GEWELにて、「地方の活性化と共生」をテーマにした交流会を開催しました。地方のために何かやりたい、地元を活性化したいが、具体的に何から始めたらよいか悩む方は多いものです。交流会からヒントをお届けします。

外から見る地方と、中から見る地方

その地方に今は住んでいない人から見た時の、地方の魅力や課題と、現在進行形で住んでいる方から見た魅力と課題にはずれがあるものです。交流会では、金沢と横浜を行き来するゲストスピーカーの中川陽子さんから、開発が進み整備された観光都市として輝く金沢のA面と、開発対象となっていない昔ながらのエリアであるB面のお話がありました。

現在進行形で住んでいる方々から話を聞いたり、現地に何度か赴いて現状を調べることの大切さを実感するお話でした。

どのような軸で、自分は貢献できるか

地方に貢献するといっても、やり方は様々です。「働きたい」と思っても、求人が少ないエリアでは地元の人との競合になってしまう難しさもあるでしょう。けれども、現在進行形で暮らす人たちの課題を解決する仕組みを考えることや、地元の経済を活性化するために環境業での口コミを起こす等、普段の生活の中でもできることはあります。

参加者の皆さんからのアイデアを聞いて、「自分の思いを押し付けるのではなく、双方に歩み寄って共生すること」が大切だと実感しました。

参加者の皆さん、ありがとうございました。

NPO法人GEWELでは、ダイバーシティ&インクルージョンをテーマに多様なイベントを開催しています。お気軽にご参加ください。

NPO法人GEWEL:地方の活性化と共生のために、私たちが始めること レポート

活動実績

関連記事

ページ上部へ戻る