ブログ

仕事を猛烈にやりたいのに、働く場がないミスマッチ【35歳からのキャリア】

企業の方とお話しすると、

「女性はロールモデルがないと辞めてしまう」

「女性はリーダーになりたがらない」と言う声を聞くことがよくあります。

 

特に女性社員が管理職まで育っていない、中小企業やベンチャー企業では、

若手が将来のキャリアパスに不安を感じて退職してしまうケースも少なくありません。

どうしたらいいのでしょうか?

 

「猛烈に働きたい」という女性を、一人採用してみてはいかがでしょうか?

具体的には、

育児や介護でブランクがある方や、30代後半からのキャリアチェンジの方がターゲットです。

 

一度職場から離れたことで仕事の楽しさを再認識する、あるいは、

やりたい仕事のために学生時代のような気持ちで再チャレンジするからです。

リーダー候補、将来の管理職候補として考えてみてほしいのです。

 

「キャリア形成のためにまず若手から採用したい」と採用計画を立てている企業が多いものの、

常に退職者が出て定着していないのであれは、見直してもよい時期です。

中堅層・ミドル層の採用によって組織が変わり、

「働く女性の先輩」の存在によって若手の定着にも効果が出てくるでしょう。

 

一方で、

応募する側も、自分の存在を知ってもらうための工夫が必要です。

応募書類の書き方や仕事の探し方だけでなく、

家族の理解もあり働く準備が整っていることや、

新しい仕事に就くための知識拡充を図っていることなどを伝える必要があるでしょう。

さらに、リーダー候補、将来の管理職候補にも躊躇せずにチャレンジしてみましょう。

 

来年も企業側、働く側の両方の意向を聞いてマッチグができるよう、

さらに邁進していきたいと思っています。

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る