40歳からのキャリア

  1. 話を聴くスペースを空けている人【リーダーのキャリアカウンセリング】

    話を聴くスペースを空けている人【リーダーのキャリアカウンセリング】ついつい相談してしまう人、何かあると頼る人、それはただ雰囲気がいいだけの人とは違います。「ただ受け止めてくれる」「共感してくれる」人ではないでしょうか。

  2. 都合の良い人材、にならないための秘策【40歳からのキャリア】

    都合の良い人材、にならないための秘策【40歳からのキャリア】部下が思ったように育っていない、自分の負担が減っていない、そう感じたら行動を変えるタイミングです。40歳からのキャリア継続のヒントをキャリアカウンセラーがお伝えしています。

  3. 50歳からの再就職・転職【キャリアカウンセリング】

    50歳からの再就職・転職【キャリアカウンセリング】最近増えている40代、50代からのキャリアチェンジや再就職のご相談。時代的な背景と今後のアドバイスをお伝えしています。

  4. 40代ワーママ、もう一つのトリプルケアとは

    40代ワーママ、もう一つのトリプルケアとは厚生労働省のデータによると35歳以上での出産は26%を超え、4人に1人は「高齢出産」の時代です。最近では、育児の時期と親の介護の時期が重なる「ダブルケア」が話題となっています。背景と対処法についてキャリアカウンセラーが解説します。

  5. 大人のオープンマインドでキャリアを創る【40歳からのキャリア】

    40代は市場でどう見られているのか、気になりませんか?30代、40代の転職・キャリアチェンジに強いキャリアカウンセラーが40代の市場価値についてお伝えしています。

  6. レジリエンス(逆境力)の気づき方【40歳のキャリア】

    レジリエンス(逆境力)の気づき方【40歳のキャリア】「レジリエンス」を言う言葉をよく聞くようになりました。心が折れない力、逆境から立ち上がる力、等の意味に使われています。特に、30代後半から40代にかけてこの言葉は心に深く刺さるのではないでしょうか。キャリアカウンセラーが解説します。

  7. ロボットには代替されない人材になるために【35歳からのキャリア】

    ロボットには代替されない人材になるために【35歳からのキャリア】スピードや正確性、ロジカルさを重視するがあまり、大事なことが抜け落ちている。そう感じることはありませんか?ロボットには代替されない人材であるために、意識しておきたいことをお伝えします。

  8. 35歳からの働き方改革【育休取得率80%未満世代のチャレンジ】

    35歳からの働き方改革【育休取得率80%未満世代のチャレンジ】「同期の女性は全員辞めてしまった」「まだ女性がライフイベントと両立しながら働くことは難しい時代だった」ある企業の研修で、40代の男性管理職から聞いて思い出したのは「育休取得率80%未満時代」のことです。

  9. 仕事を猛烈にやりたいのに、働く場がないミスマッチ【35歳からのキャリア】

    企業の方とお話しすると、「女性はロールモデルがないと辞めてしまう」「女性はリーダーになりたがらない」と言う声を聞くことがよくあります。

  10. 【コラム】婦人科疾患とキャリアの両立。退職を決める前にしておきたいこと

    【コラム】婦人科疾患とキャリアの両立。退職を決める前にしておきたいこと働く女性にとって、婦人科疾患やPMS、プレ更年期の症状と仕事との両立は深刻な問題です。けれども、ついつい我慢してしまう、周囲には話しにくいということはありませんか?ビジネスの場で、女性特有の症状の話はしにくいものです。

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ページ上部へ戻る