人事の豆知識

  1. 育児両立支援からダイバーシティの時代へ【女性活躍4.0時代】

    育児両立支援からダイバーシティの時代へ【女性活躍4.0時代】3月2日に開催された「かながわ女性経営者100人の交流会」にて昭和女子大理事長 坂東眞理子さんの基調講演をお聞きしました。

  2. 女性の体調とキャリアの両立支援は、企業の経営戦略【よこはま健康経営会議より】

    女性の体調とキャリアの両立支援は、企業の経営戦略【よこはま健康経営会議より】2月15日に開催された、第2回よこはま健康経営会議に「オフィスで温め×メンターサービス」としてブース出展いたしました。会議の内容から今後の課題と解決のヒントについてお伝えします。

  3. 従業員の健康が、企業の未来を創る【よこはま健康経営会議】

    す従業員の健康が、企業の未来を創る【よこはま健康経営会議】近年、健康経営という言葉をよく聞くようになりました。経営の視点から戦略的に、「働く人の心身の健康」を保つことで会社の利益にも繋げるという考え方です。

  4. 人間関係も仕事の質も変える?!女性の体調管理

    人間関係も仕事の質も変える?!女性の体調管理職場の人間関係の悩み、思うように仕事の質が上がらない悩み、それらを解決する手法として「体調管理」を見直してみてはいかがでしょうか。

  5. 人事やダイバーシティ担当者は女性がよい?!新時代の考え方

    人事やダイバーシティ担当者は女性がよい?!新時代の考え方昨年、GEWELオープンフォーラムに登壇していただいた蓮見 勇太 さんから「ダイバーシティ担当者の中では珍しい男性担当」というお話を聞いてハッとさせられたことがありました。

  6. 管理職昇進辞退の背景!氷河期世代との付き合い方

    管理職昇進辞退の背景!氷河期世代との付き合い方非正規社員から正規社員への登用、女性活躍推進の一環による管理職登用などを進める企業から、「リーダーや管理職登用を辞退する人材」のお悩みをお聞きすることがあります。

  7. 健康が経営に与えるインパクトとは?!2017年の健康経営

    健康が経営に与えるインパクトとは?!2017年の健康経営従業員の健康への配慮が、経営面での大きな成果につながるという「健康経営」という言葉をよく耳にするようになりました。

  8. 育休や時短だけでない、女性が働き続けるための支援策とは

     育休や時短だけでない、女性が働き続けるための支援策とは結婚や出産後も女性が働き続けられるように、育休取得や時短勤務制度導入を推進する企業が増えています。「短時間勤務可能」と求人に記載すると優秀な女性が殺到するという声も企業の採用担当者からはよくお聞きします。

  9. 個人のHAPPYにつながる働き方改革とは【リビングラボより】

    個人のHAPPYにつながる働き方改革とは【リビングラボより】人材不足解消や従業員の健康維持、生産性を向上などのために働き方改革を推進する企業が増えています。働き方改革と聞くと、まずは育児中従業員の支援として育休や時短勤務制度の導入を思う方もいらっしゃるかもしれません。

  10. キャリア支援が、病気休業からの職場復帰支援のカギ

    キャリア支援が、病気休業からの職場復帰支援のカギ中小企業経営者や管理職の方からは、病気休業から復帰する人材の支援の悩みをよくお聞きします。体調管理について、どこまで踏み込んでよいのか難しく苦労されていることが多いのです。

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
ページ上部へ戻る