キャリアカウンセリング

  1. お客様の声:ワーキングママのキャリアアップカウンセリング

    <ワーキングママ>育児もキャリアもあきらめない/やりたいことへフォーカスする働き方/育児・家事の楽しさを周囲にシェア/時間の制約があるから仕事の質にこだわる/ママだからこそリーダー・管理職1.自分の行くべき道を決めたい〇受けてみたいと思った理由・イベントで島谷さんのお話し(内容・話し方)...

  2. コラム執筆

    日本の人事部、総合職系フリーランス女性向けメディアCue、主婦応援サイトシュフィール、専門家サイトJIJICO、等、掲載されたコラムの一覧です。「ダイバーシティ」「新しい働き方」「家庭と仕事の両立」「主婦の再就職」等のテーマで執筆しています。

  3. 続 人材ビジネスの本質を理解する【キャリアカウンセラーへの道】

    続 人材ビジネスの本質を理解する【キャリアカウンセラーへの道】キャリアカウンセラーを目指す方向けのコラム。今回は「続 人材ビジネスの本質を理解する」です。

  4. オーナーシップを取れないのには、ワケがある?!【35歳からのキャリア】

    オーナーシップを取れないのには、ワケがある?!【35歳からのキャリア】採用や、人材開発の場で「オーナーシップ」と言う言葉がよく使われるようになりました。オーナーシップとは、仕事を自分自身の課題と捉えて、責任感を持って取り組むことだと説明されています。

  5. 自分のビジネスモデルを変える理由【40歳のキャリア】

    自分のビジネスモデルを変える理由【40歳のキャリア】PCやスマホを新しいバージョンに変えていくように、自分の仕事の領域や、やり方も時々変えていってもいいのでは?そう感じることはありませんか? 人生100年時代の40歳の捉え方いくつになっても働き続ける方が増える中、40歳...

  6. 【35歳からのキャリアストレッチ】年齢リミットから目を背けないために

    【35歳からのキャリアストレッチ】年齢リミットから目を背けないために「35歳」は一般的には、未経験の職種への転職リミットだと言われています。吸収力も落ちてきて、新しい業務に就くと覚えるまで時間がかかるのも現実。

  7. 女性メンターが見つからない時、考え方と対処法

    女性メンターが見つからない時、考え方と対処法メンターとは仕事上の助言をする人と言われています。同じ部署の先輩ではなく、他部署の先輩が、若手のメンターとして助言をする制度や、管理職になった女性向けに男性管理職がメンターとして指導をする制度を取り入れる企業もあります。

  8. 翻訳家として機能する【キャリアカウンセラーへの道】

    翻訳家として機能する【キャリアカウンセラーへの道】キャリアカウンセラーを目指す方向けのコラム。今回は「翻訳家として機能する」です。腹落ちするためには、双方の想いを翻訳して伝える役が必要所属する組織への不満、上司への不満を持つ方からのご相談もよくあります。

  9. お客様の声:30代からの転職・キャリアアップカウンセリング

    お客様の声:30代からの転職・キャリアアップカウンセリング30代からは結婚、育児等ライフイベントと仕事の両立、リーダーへの挑戦、転職、独立など、ステージを変えるタイミングに悩むものです。人生100年時代、40代以降のキャリア開発結婚・出産、妊活とキャリアの両立、転職、キャリアストレッチ。

  10. 【コラム】出産後も働きたいあなたへ/大切なのは夫婦のパートナーシップ

    【コラム】出産後も働きたいあなたへ/大切なのは夫婦のパートナーシップ30代になるときになる「いつ子供を持つか」ということ。周囲のワーキングママたちは忙しそうだし、子供と向き合う時間もほしい。仕事はやめたほうがいいのかな?と悩む女性も少なくありません。

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る