ブログ

ハイスキル派遣×バージョンアップ主婦に教えられたこと

ハイスキル派遣×バージョンアップ主婦に教えられたこと

先日、プロフィールを話す機会がありました。話すことで、前回話した時からの振り返りができ、現在の価値観や、今後やりたいことが明確になり、とてもありがたい機会です。

けれども、話すことにはエネルギーも使います。30歳までは自分のプロフィールを公表することを苦痛に思っていたほどだからです。

男性も女性も、キャリアも家庭も楽しんでほしい

保守的な環境で育ったため、男女による周囲の対応の違いや教育や社会進出の機会の違いを実感していました。だからこそ、男性は仕事で女性は家庭ではなく、男性も女性も仕事も家庭も楽しんでほしいと常に願っています。

それらの経験を「ユニークな環境だった」と言えるにようになるには、葛藤もありました。社会人経験を積みながら、キャリアカウンセラー、産業カウンセラー、性格検査MBTI等と学びを続けていたのも悩みが深かったからこそでした。

 

ハイスキル派遣×バージョンアップ主婦に教えられたこと

人材業界の仕事で出会った、仕事を頑張りすぎて体調を崩したり不妊治療のために正社員を辞めた非常に優秀なハイスキル派遣の女性達。

若者就職支援の現場で出会った、子供に自立してほしいけれど、仕事のかわりに力を注いできた子供が巣立つことを素直に喜べない内定辞退ママ。

子育てが落ち着いた後再就職して能力を開花するものの、非正規の待遇に悩む元キャリア主婦。

 

キャリアを積んできたからこそ、仕事と家庭の両立に悩む女性たちの姿を見て背中を押す存在になりたいと思ったことが、キャリアカウンセラーをめざしたきっかけです。

育児や家事の楽しさ、男性にシェアしているでしょうか?

仕事の楽しさ、女性にシェアしているでしょうか?

親の世代のように「どちらか一つだけしか選べない」時代ではないはずなのに、前の時代をひきずっていないだろうか。
日々、私も自問自答しています。

 

個人の方向けキャリアカウンセリング
企業向けメンターサービス

関連記事

ページ上部へ戻る