ブログ

オープンマインド【キャリアカウンセラーへの道】

オープンマインド【キャリアカウンセラーへの道】

キャリアカウンセリングを学び、専門家として転身を目指す方は少なくありません。ご相談を受けることもよくあります。
そこで今回は、キャリアカウンセラーを目指すときに大切な事柄をお伝えしていきます。今回のテーマは「オープンマインド」です。

◆経験を積む前に準備しておきたいこと

自分自身は経験職種や転職経験が少ないけれど、他人の転職の相談に乗れるのだろうか。
アドバイスが相手が納得できないものだったら、どうしたらいいだろうか。新しい職種には不安もあるものです。
 
けれども、一番気にしてほしいことは「自分が自分にオープンであるかどうか」なのです。
 
自分がこれまでどのような経験を積み、どう乗り越えてきたのか。なぜカウンセラーを目指しているのか。
それを整理をして話せるようになっておくことがとても大切です。
自分で自分に納得をしておくこと。自分軸を持っておくことです。
 

◆自分にオープンになれない場合

自分に納得が出来てない場合、相手と本気で向かうことが難しくなります。相手の状態に振り回されてしまうのです。
気持ちが必要以上に高まったり、落ち込んだりしてエネルギーを使い、相手の心の奥にある本当の声に気付くことが難しくなります。そして、それが相手にも伝わってしまうのです。
 

◆そのままの自分を受入れること

ありのままの自分を受入れると、どのような時にも自分軸がブレずに落ち着いた気持ちでいることができます。
相手と真摯に向き合い、相手の本当の声に耳を傾けることができるでしょう。
 
相手ではなく、自分のキャリアカウンセリングをできるかどうか、言い換えると自分で自分を認めることができるかどうかが大切なのです。
次回はその次のステップについてお伝えします。

《参考コラム》

自分を脇に置く【キャリアカウンセラーへの道】
相談力を磨く【キャリアカウンセラーへの道】
対象を決める【キャリアカウンセラーへの道】
相手から逃げない【キャリアカウンセラーへの道】
人材ビジネスの本質を理解する【キャリアカウンセラーへの道】
専門外だと伝える【キャリアカウンセラーへの道】

関連記事

ページ上部へ戻る