ブログ

対象を決める【キャリアカウンセラーへの道】

対象を決める【キャリアカウンセラーへの道】

キャリアカウンセラーを目指す方向けのコラム。今回のテーマは「対象を決める」です。

 

◆どんな方をHAPPYにしたいですか?

「女性の中でもどんな方ですか?」
キャリアカウンセラーとして活動を始めたいという時、相談したコンサルタントの方に言われて言葉につまりました。

「女性の相談に乗りたい」「女性向けのセミナーを担当したい」と思っても、具体的に、どんな方の役に立ちたいのか、役に立てると考えているのか、自分がわかっていなければ、周囲にも伝えられず、仕事も入ってこないのです。

 

◆誰の課題を解決するか

まず、どの年代、どのようなライフスタイルの方、どのような特徴を持つ方が頭に浮かびますか?
☑これから社会に出る学生
☑最初の転職に悩む20代
☑キャリアアップを目指す30代
☑両立で悩むワーキングママ
☑再就職を目指す主婦
☑子供の就活に悩む親
☑40代・50代のミドル層
☑シングルマザー
・・・女性とひとくくりにしても幅広い対象があるのです。

 

◆どのような課題を解決するか

例えば30代の会社員女性向けを対象だとしても、その年代の方の悩みは、自己分析、転職相談、仕事の紹介、両立相談など、様々です。

特に、どの悩みを解決したいのかも考えておくとよいでしょう。

総合職で働いていたけれど、家庭の事情で一度仕事を辞め本格的な再就職を目指す30代後半から40代の女性。
本当は責任ある仕事をしたいけれど、いきなり残業は難しく派遣やパートにするべきかと悩んでいる。
・・・例えばこのように、友人の一人が頭に浮かぶようにイメージしてみましょう。

誰のどのような課題を解決するかが具体化していくと、仕事の選び方、行動が決まりますね。
今、頭に浮かんだのはどんな方でしたか?一緒に考えていきましょう。

 

《参考コラム》

オープンマインド【キャリアカウンセラーへの道】
自分を脇に置く【キャリアカウンセラーへの道】
相談力を磨く【キャリアカウンセラーへの道】
相手から逃げない【キャリアカウンセラーへの道】
いつでも相談者に戻ることができる【キャリアカウンセラーへの道】
人材ビジネスの本質を理解する【キャリアカウンセラーへの道】
専門外だと伝える【キャリアカウンセラーへの道】

関連記事

ページ上部へ戻る