ブログ

自分を脇に置く【キャリアカウンセラーへの道】

自分を脇に置く【キャリアカウンセラーへの道】

キャリアカウンセラーを目指す方向けのコラム。今回のテーマは「自分を脇に置く」です。

 

◆キャリアカウンセラーは話上手

転職や就職の相談、両立アドバイス、キャリアアップの相談など、キャリアカウンセラーと言えば「アドバイスをする」というイメージが強いかもしれません。

キャリアカウンセラーを目指す方の中には、
「どのような話をすればいいのか」「相手を満足させられるのだろうか」と不安を感じる方も少なくありません。
けれども、実際にキャリアカウンセラーへのクレームで一番多いのは、
「話を聞いてもらえなかった」「一方的に自分の話ばかりしていた」というものです。
どういうことなのでしょうか?

 

◆カウンセラーが一方的に話をしていたとしたら要注意

相談する側は、まず自分の話をきいてほしいという欲求を持っています。
話を聞いてもらえるのだろうか、信頼できる人なのだろうかと緊張しながらいらっしゃるのです。

最初にじっくり話を聞いてもらえれば、安心してキャリアカウンセラーのアドバイスにも耳を傾けられるのです。けれども、最初からカウンセラーの方が一方的に話をしすぎてしまうと、本音を切り出せずに表面的なやりとりで終わってしまいます。

私も資格取得のために勉強していた時には、何度も講師に指摘された事柄です。
なぜ、カウンセラーは相談者の話を聞くよりも先に、自分から話を一方的に続けてしまうのでしょうか。

 

◆自分のことを脇に置くということ

相談者の話を聞きながら、次に自分が話すことを考えていませんか?
自分の体験を思い出して感情が湧き出ていませんか?
1時間後に会う次の方のことを考えていませんか?

「相手」ではなく「自分」に意識があるとき、目の前の方の話に集中できなくなってしまいます。
それは相手にも伝わり、不信感となってしまうのです。

「自分を一旦脇に置く」とても大切で、そして難しいことです。ある程度のトレーニングが必要です。
これからキャリアカウンセラーを目指す方にはそのお話もしています。

 

《参考コラム》

オープンマインド【キャリアカウンセラーへの道】
相談力を磨く【キャリアカウンセラーへの道】
対象を決める【キャリアカウンセラーへの道】
相手から逃げない【キャリアカウンセラーへの道】
いつでも相談者に戻ることができる【キャリアカウンセラーへの道】
人材ビジネスの本質を理解する【キャリアカウンセラーへの道】
専門外だと伝える【キャリアカウンセラーへの道】

関連記事

ページ上部へ戻る