ブログ

パートナーが40歳になる前に考えておくこと【妊活と仕事の両立】

パートナーが40歳になる前に考えておくこと【妊活と仕事の両立】

35歳を過ぎたから、もう40歳だから、と妊活中の女性の多くがご自身の年齢を気にされています。まだ30歳だから、子供を持つのはもっと先でも大丈夫と気長に考えている方もいらっしゃいます。けれども、ご自身の年齢だけでなく、パートナーの年齢も気にしてほしいのです。

 

■男性の年齢と妊活の関係

以前聴講したライフデザインフォーラムでは、男性の年齢と妊活についての厳しい現実を知りました。
「男性の20代と40代では妊娠までの期間が3倍」
「男性が40代になると相手が流産する確率が上昇する」
・・・その他にも多々ありました。

「40代でも出産」「男性が50代、60代で子供が出来た」という著名人のニュースに私達は大きな影響を受けます。
「自分も大丈夫」「パートナーも大丈夫」と錯覚するのです。
けれども、ライフスタイルもお金の掛け方、働き方も全く違うはずです。同じことが可能だとは限らないのです。

そして、パートナーの年齢やライフスタイルも気にかけておくこと。

■男性の意識と働き方環境を見直す

実は、パートナーのストレスが原因で子供ができにくい状態なのかもしれません。パートナーは自分の年齢を気にしてすぐに子供を欲しいと考えているのかもしれません。聞いてみないと分からないのです。

35歳からのキャリア見直し講座やキャリアカウンセリングでは、これまでの経験を振り返り、コアスキルや今後の希望を明確化し仕事との両立、将来のキャリアプランも一緒に考えます。そして、パートナーとの関係(将来のパートナーも含めて)についてもお話しています。一緒に考えていきましょう。

<参考コラム>

妊娠と働くは両立の時代【ライフデザインフォーラムから学ぶ】
不妊治療や婦人科疾患との両立、職場に相談の前にできること 

<参考>

冷え・低体温改善サロン「ゆるり」

<企業向けサービス>

メンターサービス

関連記事

ページ上部へ戻る