ブログ

自分軸を知る【キャリアアンカーより】

自分軸を知る【キャリアアンカーより】

転職や再就職、育児や介護などのライフイベントなど、「転機」にあたる時、自分軸が何か確かめたくなるものです。キャリアアンカーという理論の使い方に使い方についてエッセンスをお伝えします。

自分軸とは何か

エドガー・H. シャインのキャリアアンカーという理論では、自分軸となる「自己概念」とは、才能、動機、価値観などが絡み合って発達することによって確立されていきます。「発達」のためには、経験に加えて周囲からのフィードバック、内省が必要で、何も考えずに経験だけを積み重ねていても気づきにくいものなのです。

自分軸とは、キャリアカウンセリングやワークショップの中で、対話を通して大きな気づきを得たり、転職や再就職の際に経験を振り返ったときに認識したりするものではないでしょうか。

私自身も、転機に遭遇した時は自己概念と現実の自分の行動に違和感を感じてモヤモヤすることがあります。そのようなときには、自分のメンター役の方とお会いして対話することで、認識を再確認しています。アセスメントを再度利用することもあります。

書籍などでは、具体的に8つの8種類のキャリア・アンカーから自分の真の価値観を探ることができます。気になる方はチェックしてみてください。

 

関連記事

ページ上部へ戻る