ブログ

時短勤務ができないから転職の背景

時短勤務ができないから転職の背景

女性活躍を推進する程度として、時短勤務制度の整備を挙げる企業は多いものです※。時短勤務ができないから、子育てや介護との両立が難しく退職したいという女性は少なくありません。けれども、本当にそれだけが退職の理由でしょうか。

働き続けたい人に居心地が良い会社とは

時短勤務ができないから転職したいという方が口に出すのは「古い体質の会社」という言葉です。長時間労働ができないと評価されない、年功序列で次のステップへ進むには数年かかる等の事象があり、もし時短勤務制度が延長されたとしても、保守的な環境のため、他にも働きにくい要因があるというケースが多いのです。

労働力不足の現在、中小企業やベンチャー企業の中には、在宅勤務やフレックス勤務制度などを取り入れて、転職志望度が高い人材を積極的に受けている企業もあります。また、男性の中にもワークライフバランスを重視し、育児や介護のために転職するケースが増えてきています。

保守的な環境を変えない限り、女性が退職し、次に男性が退職するリスクがあるということです。

さらに、女性のすべてが「子育ての両立のために時短勤務を希望する」、とも言えません。お子さんがいてもフルタイムで働き続けることを選ぶ方もいますし、お子さんがいなくても持病との両立のために時短勤務を希望する方もいらっしゃいます。「女性だから」の視点は時に性別役割を限定するリスクもあります。だからこそ、個別事情に合わせた複数の制度設計と支援が必要だと言えるでしょう。

 

キャリアカウンセラーとして企業内キャリアコンサルティングも担当しています。

※「女性の活躍支援・推進に関する 企業の取り組み事例集」経団連による

 

企業向けキャリアコンサルティングサービス

関連記事

ページ上部へ戻る