ブログ

大企業至上主義からの脱却【ミドル世代のキャリア】

大企業至上主義からの脱却【ミドル世代のキャリア】

今年はメディアの方とお話しすることが何度かあり、「女性のロールモデル」の話題になりました。私からは「大企業で働く女性以外の方の紹介を増やしてはどうでしょうか」とお話をさせていただきました。

中小企業が99%の国

日本は中小企業の数が99.7%を占めています(2016年経済産業省のデータ)。大企業は従業員数が多いとは言え、中小企業や小規模企業で働く方のほうが圧倒的に多いということです。大企業での勤務経験を持つロールモデルだけでなく、中小企業での勤務経験を持つ方、起業家、フリーランス、一度離職して再就職した方等、多様なロールモデルがいたほうが、今の時代にフィットするように感じます。

大企業で働くメリットとデメリット

大企業で働くことは、組織規模や取扱金額が大きい業務に関わることができ、複数の部署での経験を積むことができることや、社内の人脈を得ることができる点が魅力ではないでしょうか。教育研修が充実していることから、知識やスキルを磨いて社内でキャリアアップしていくことができます。

転職時に気を付けたいのは、磨いてきた知識・スキルが「社内だけで通用するもの」でないかどうかということです。大企業では社内でキャリアを構築できるため、「内部労働市場」の機能が発達しますが、そのために社外の外部労働市場を意識しなくなるリスクもあるのです。

キャリアを自分でコントロールするために

20代・30代の若手の中には、新卒時から大企業を選ばずに、裁量権がある仕事を任される中小企業やベンチャー企業でキャリアを積んでいる方や、数年間の大企業経験でビジネススキルを磨いた後に、外資系企業やベンチャー企業でのキャリアを積み、独立を考えている方もいらっしゃいます。その背景には「早くから責任ある仕事をしたい」「自走性を高めておきたい」という自分軸があるのです。

ミドル世代の転職・独立相談では、週末の社外活動や副業を始めることをお勧めしています。転職エージェントに登録して、どのような仕事が紹介されるか確認してもよいでしょう。

モヤモヤしてきたら、動き出すタイミングです。まずは情報収集から始めてみてください。

自分らしい仕事の探し方【動画レッスン】

適職診断ワークショップ/再就職セミナー

関連記事

ページ上部へ戻る