ブログ

自分のビジネスモデルを変える理由【40歳のキャリア】

自分のビジネスモデルを変える理由【40歳のキャリア】

PCやスマホを新しいバージョンに変えていくように、自分の仕事の領域や、やり方も時々変えていってもいいのでは?そう感じることはありませんか?

 

人生100年時代の40歳の捉え方

いくつになっても働き続ける方が増える中、40歳は「もうキャリアチェンジには遅すぎる年齢ではなくなりつつあります。
けれども、それまでとは考え方や行動力に変化が出てくる頃でもあり、ちょっとした注意も必要です。キャリアカウンセラーが解説します。

 

年齢を重ねると動けなくなる?

30歳の頃は「このままでは成長できない!」「ここはもう私の居場所ではない!」という感度が働いて、異動や転職を通してワークシフトしていたものです。それが年齢を重ねると、感度よりも変化への恐れのほうが上回り、動けなくなることがあります。

かつて、男性がそうだったように、今は、働きつづける女性も、これまで培ったライフスタイルや地位や名声など「手に入れたもの」を守ることに必死になって変えられなくなることがあるのです。「もう●歳だから」と言い聞かせて。

 

年齢よりも気付いたタイミング

けれども、未来からみたら今の自分が一番若い。
あと10年経つと何が起こるかわからない。ということは、気付いてしまった今、行動を移すときということなのです。

10年ごとに仕事を変える、と以前ある女性に聞きました。「40代の今だから挑戦したい」と再就職やキャリアチェンジに挑戦する女性も少なくありません。今年もそのような女性達と、40代をさらに充実させたい30代の女性達の背中を押す仕事をしたいと思っています。

 

《40代、50代の方のご相談に乗っています》
個人向けキャリアカウンセリング

 

《参考コラム》

【コラム】40歳からグッと広げる!キャリア開発の3つの視点

関連記事

ページ上部へ戻る