ブログ

コミュニケーションコストが高い人材にならないために

コミュニケーションコストが高い人材にならないために

採用や人材配置の場面で、「コミュニケーションコストがかかる人材」という理由で、他候補よりも後回しになることはよくあります。コミュニケーションコストがかかるとはどのような状態なのでしょうか?

情報のやりとりの時間と手間

本来、人と人との関わりは刺激や楽しさがあるものです。けれども、あまりにも時間や手間がかかり過ぎるとしたら、「コミュニケーションコストがかかる」と判断されてしまうことがあるのです。
もし、同じような経験・スキルがあり、意欲が高いのに、なぜいつも他候補が選ばれるのだろか?なぜチャンスを手にできないのだろうかと疑問に思ったときは、チェックしてほしい内容なのです。

質問が多すぎないかをチェックする

例えば、新しい仕事の話が舞い込んできたときに、気になることがあると質問を何回もしてしまうからか途中で話がなくなってしまう、という方がいらっしゃいました。

慎重に見極めたいからだったとしても、あまりに質問の量が多い場合には「理解するまでに時間がかかる方ではないか」「情報の読み取りができない方なのではないか」と敬遠されることがあります。

まずは、情報を集めて自分がどのように貢献できるかをイメージしてから、気になる点をまとめて質問をするようにするようにするとよいでしょう。

言葉の使い方をチェックする

例えば、部署異動の打診があったときに、どうしてなのか理由をわかるように言ってほしい、自分の個人事情を理解した上なのかわかるように伝えてほしい、と上司の話を聞く前にズバズバと言ってしまって、引かれてしまったという方がいらっしゃいました。

不安があったとしても、一方的に話すと、圧迫感を感じてしまい「何か話を持ち掛けると抵抗を示す方」だと敬遠されることがあります。

まずは、相手の話を聞いて自分への期待値を理解してから、気になる点をまとめて伝えるようにするとよいでしょう。

こだわりが強すぎないかをチェックする

コミュニケションコストが低い方とは、どのような環境でも短期間で周囲と関係構築ができ、細かいことを気にせず仕事に集中するような方のことです。逆にいうと、「前職とやり方が違うため違和感が大きい」「他のメンバーの仕事のやり方が気になり集中できない」等の事象があると、周囲にもそれが伝わりギクシャクしてしまうのです。

新しい環境にも積極的に飛び込む姿勢を示し、異なる価値観を持つメンバーにも自分から関わってお互いにスムーズな業務ができるように働きかける態度を取ることが大切です。

 

コミュニケーションコストがかかる人材とは

最近、話が長くなりがちだったり、文章が長くなる傾向はありませんか?仕事以外に気になっていることがあるのではないでしょうか。
忙しすぎて体調が良くないということはありませんか?責任感の強さから、担当領域が広がりすぎているのかもしれません。

自分自身の課題はため込まずに、解消しておきましょう。リフレッシュして、仕事上では気持ちよいコミュニケーションが取れるようにしておきたいですね。

 

専門家としてご相談にも乗っています。

 

参考コラム サイボウズ式より「コミュニケーションコストがかかる人は相手にされない

個人の方向けキャリアカウンセリング

関連記事

ページ上部へ戻る