ブログ

40代からの、5年後のキャリアプラン

40代からの、5年後のキャリアプラン

キャリアカウンセリングやワークショップの中で、「3年後、5年後は何をしていたいですか?」とお聞きすることがあります。

現状維持も難しい世代のこれから

仕事に邁進している、育児や介護との両立で必死、体調の変化と仕事との折り合いに悩む…等、目の前のことで必死で先が見えないという方もいらっしゃいますし、「あと●年で定年だから」とこのまま逃げ切ることを考えている方にお会いすることもあります。40代、50代の方にもあえて「5年後」を考えてもらうその理由についてお伝えします。

できないことにも目を向ける

30代前半までの「5年後」と異なり、40代以降の「5年後」は、「できないこと」に向き合う必要があります。
例えば、子供を持つかどうか、海外で働くかどうか、やってみたい仕事にチャレンジするかどうか、等です。

できないことを「やらないこと」と受け止めた上で、「これからやりたいこと」をもう一度考えてみてはどうでしょうか。
その際にヒントとなるのは、将来起こり得る時代の変化です。自分の年齢だけでなく、家族やパートナー、友人たちの年齢も上がります。その時に、起こり得るライフイベントや業界の変化等を書き出してみます。その時に、自分がどうありたいのか(どんな姿でいたいのか)を思い描いてみるのです。

書き出すだけでなく、ビジュアル化して毎日目にするようにしてもよいでしょう。人に話してみる、SNS等で発信してみてはどうでしょうか。

キャリアカウンセラー資格取得時に「10年後」を書き出し、キャリアカウンセラーの先輩に見てもらったことがありました。カフェでカウンセリングをやりたい、セミナー講師に挑戦したいという思いは、気づけば実現していました。そもそも、やりたくないことは書き出すことも人に話すこともできないはず、ですものね。

 

これからの5年間でやりたいこと

これからの5年で実現したいことは、大人向けのキャリアスクールと、いつでもキャリア相談に立ち寄れるサロンのような場をつくることです。

ある程度社会人経験を積み、ライフイベントも経験したときに、「能力を活かしてもっと働きたい」「やってみたいことに挑戦したい」と考える方が多いように感じます。大学院で学ぶ、資格取得、転職だけでなく、「キャリア」軸で、自分と向き合いキャリアをブラッシュアップできる場があるとよいと思うのです。

ありがたいことに、再就職を目指す女性向けの講座を担当させていただくことが多いのですが、今後は働き続けている方向けや男女向けの講座もできればと思っています。

コーヒーや本があるカフェやラウンジ、スペースには惹かれます。好きなものに囲まれて居心地よく過ごすことができれば、周囲にも良い影響を与えることができるでしょう。

 

キャリアカウンセラーとしてさらに自己啓発にも努めたいと思います。

個人の方向けキャリアカウンセリング

キャリアセミナー・ワークショップ実績

関連記事

ページ上部へ戻る