ブログ

女性の新しい働き方が、男性を楽にする時代

女性の新しい働き方が、男性を楽にする時代

先日、フリーランスから会社員に戻った女性たちのお話を聞く機会がありました。転職、再就職、フリーランス挑戦、会社員への再挑戦、と多様な働き方を経験する女性たち。時に、その選択が、パートナーや家族、そして一緒に働く男性たちにも大きな影響を与えているというお話をお聞きしてハッとさせられたことがありました。

女性はライフイベントや家族の事情に影響を受けてキャリアを選ぶことが多いのではないかと思い込んでいたからです。

誰かのためではなく、自分のためにキャリアを選択する

結婚や出産、パートナーの転勤などで働き方や仕事を変えてきたという方は多いものです。けれども、それらのキャリアストーリーを振り返ってみると事実は、限られた時間や場所の中で選ぶ仕事には深い意味があり、主体的に選んでいることにも気づかされるのです。

私もかつて、結婚した時に「結婚しても続けたい仕事かどうか、見極めができますね」とある女性に言われて、新鮮な気持ちになったことがあります。結婚したからと仕事を辞める女性は減りましたが、それでも、新しい生活ステージに変わった時には負荷がかかるものです。
そのような環境の中でも選ぶ仕事は、意味があるものではないでしょうか。

パートナーと家族への影響

例えば、ブランクがある女性が再就職し、イキイキと働きだすと、最初は家族は動揺するものです。家庭よりも仕事のほうが大事なのかと、寂しい想いにもなるのでしょう。さらに責任がある仕事を任されたり、報酬が上がっていくと、別世界の人になっていくような戸惑いも覚えるのではないでしょうか。けれども、ある域を超えてくると、女性がイキイキと働く姿が家族にとっての自慢となり、経済的な安心感となり、パートナーにとってのビジネスパートナーともなり、今までにないステージに立っていることに気づくでしょう。
パートナーは、一人で家計を背負う責任感から解放されて、新たなライフプランを立てられるようになるかもしれません。
子供たちは、将来のビジネスパーソンのロールモデルの一人として接するようにもなるでしょう。家族との新しい関係は、職場の若手にとっても影響をあたえることでしょう。

女性が新しい働き方を選ぶとき、それは周囲を変えていく、大きな一歩となるかもしれないのです。
自分の小さな一歩が、周囲にゆるやかに影響を与えることができたとしたら、それはちょっとした楽しみにもなりますね。

 

専門家としてアドバイスをしています。

キャリアセミナー/再就職セミナー
35歳以上キャリアカウンセリング

 

フリーランス転向から再び会社員という働き方を選んだわけ|イベントレポート

関連記事

ページ上部へ戻る