ブログ

ミドルエイジのキャリアチェンジ、スマートな進め方

ミドルエイジのキャリアチェンジ、スマートな進め方

30代後半から40代にかけて、転職や独立を通してこれまでと違う領域や働き方へ挑戦された方にお会いすることが増えています。けれども、育児や介護、ご自身の体調との両立、経済的な不安とはどのようにして向き合っていたのでしょうか?

ミドルエイジが環境を変えたくなる事情

ポテンシャル採用される年代ではなく、家族への影響も大きいミドルエイジが、あえて環境を変えて新しいことに挑戦する理由があります。キャリアカウンセラーのコラムです。

 

キャリア継続のために変える

一般的にはリーダー・管理職として活躍することを期待させる世代ですが、「プレイヤーとして活躍し続けたい」という方や、手を伸ばせば実現可能な領域へ「キャリアストレッチしておきたい」という方もいらっしゃるのです。さらには、これまで培ってきた経験スキルを社会で役立てたいと、社会的課題解決の領域で活動を始める方もいらっしゃいます。

転職、独立、ソーシャル活動を始めるなど、ミドル世代から積極的に動く方の共通点は、「社会人経験を積んできた今だからこそ挑戦したい」という想いです。

 

居場所を創るために変える

定年まで10数年だからと現状維持を目指していては、居場所がなくなる時代です。現状維持ということは時代の流れから少しずつ遅れ、スキルや経験がさび付いているからです。経営戦略によって事業編成や組織編成が大きく変わることもあるでしょう。その中で必要な人材で居続けるには自らがイノベーションを起こし続ける必要があるのです。現在の環境に居続けたとしても、挑戦し続けることが求められているのです。

 

中年の危機世代のキャリア開発

心理学者のユングによると40歳前後は「中年の危機」に遭遇し、午後の世界に入っている時期です。これまでと違う役割を求めらるようになって自分の中で葛藤が出てきたりする時期だからです。一度立ち止まり、自分のキャリアを見直して、これからの人生を考える時間を取ってみてはいかがでしょうか。それが、育児や介護、体調との両立や経済的な不安を乗り越えるための最初の一歩になるでしょう。

専門家としてキャリアカウンセリングやワークショップを通してお手伝いをしています。

個人の方向けキャリアカウンセリング
お客様の声:40代からのキャリアカウンセリング

<イベント情報>
5/22(火) NPO法人GEWEL D&i交流会 多様な働き方編
6/23・7/21(土)ミモレ大学 100年時代のキャリアメイク講座を担当します

関連記事

ページ上部へ戻る