ブログ

大人女性のための、考える時間

大人女性のための、考える時間

職場の人間関係が気になったり、良い企画が浮かばなかったりするとき、周囲からは「体を動かしてみたら?」「旅行でも行ってみたら?」などとアドバイスをされたりするものです。それも大切ですが、ときには、あえて「感がる時間」を持つのもよいかもしれません。

考える時間の効果

かつての同僚のスケジュールに定期的に入っていた「考える時間」。元上司が定期的に作っていた「若手部下に参考意見を聞く時間」。一人でとことん考えることで効果が出る方と、人との会話の中で効果が出る方との違いはありますが、時間内は徹底的に考えると決めることで、アイデアを整理したり組み立てたりして次のフェーズに進めていたのでしょう。

今の時代だからこその効果

考える時間は、階段を上る途中の踊り場で下を振り返ったり、上を見上げたりする時間。意外と上ってきたなと思ったり、周囲に危険なものが落ちていることに気づいたり、上には味方になってくれる人がいることに気づいたり、止まって周囲を見渡すことで気づくことがあったりするもの。

常に情報に追わる時代だからこそ、立ち止まって考える時間を持つことは自分の思考力を高めて、次への活力を作り出す時間になるのではないでしょうか。

忙しさや人間関係で混乱しがちな繁忙期こそ、試してみたいものですね。

やりたい仕事に就けない時の、35歳からの対処法

 

 

企業向けメンターサービス

関連記事

ページ上部へ戻る