ブログ

40歳からグッと広げるキャリア!2017年のカウンセリング

40歳からグッと広げるキャリア!2017年のカウンセリング

ライフ・シフトの著者、リンダグラットンさんが提唱した「人生100年時代」※。終身雇用の崩壊や、ビジネスの流れの加速化等により、かつてのように、「60歳の定年まであと10数年だから現状維持で」と逃げ切ることが難しくなったと同時に、何歳でも新たなチャレンジをしてみようという風潮が高まった一年でした。

プレジデントウーマンより「日本の女性のみなさん、100歳まで生きる準備はできていますか」

 

50代以降を見据えて次のアクションを起こす!

転職やフリーランス転向のご相談、自己分析、キャリアチェンジのご相談等の場面で、40代以降の方から「ずっと気になっていたことにチャレンジしたい」「キャリアを軌道修正したい」「同じことの繰り返しではなく、次のステージへ進みたい」などの言葉をよくお聞きしました。
仕事と家庭の両立制度が整っていない時代に社会人となり、仕事優先でプライベートを後回しにしたり、出産やパートナーの転勤帯同などでブランクがあったりと、「仕事か家庭か、どちらかに比重を置いてきた」世代でもあるアラフォー、アラフィフ世代。
人生100年時代と言われるようになり、ライフプランの見直しからキャリアの再統合をされる方が増えてきたように感じます。あっと驚くキャリアチェンジを遂げた方、ブランクを経て再就職を実現した方の事例にも寄り添いました。

 

パートナーシップの見直しがカギ

キャリアを見直しに重要なのが、家庭や職場のパートナーとの関係構築です。家事や育児の負担を背負いすぎていないか、責任感から仕事を引き受けすぎていないか、見直してみましょう。依頼する、権限を委任することで相手に新たな機会を渡すだけでなく、自分のスペースが空いて新たなチャレンジがしやすくなります。

そもそも、普段接している仕事上のパートナーや友人たちが、今の自分にふさわしいパートナーであるのかどうかも時々見直しが必要です。遠慮や躊躇をなくし、思い切ったチャレンジをするための土台となるからです。

来年はどのようなチャレンジをしていきましょうか?40歳からグッと広げるキャリアを来年も応援してまいります。

個人の方向けキャリアカウンセリング

《参考コラム》

働き方改革の壁?!バブル世代との付き合い方

35歳キャリアの停滞突破術【家族との関係見直し】

【コラム】40歳からグッと広げる!キャリア開発の3つの視点

関連記事

ページ上部へ戻る