ブログ

やりたい仕事に就けない時の、35歳からの対処法

やりたい仕事に就けない時の、35歳からの対処法

本来やりたい仕事とは少し異なる業務を担当しているときは、モチベーションも上がらないものです。同僚が活躍している姿を見ると、「自分だったらもっと活躍できるのに」と感じることもあるかもしれません。

発信だけでは状況は変わらない

若手であればやりたい気持ちを発信し続けることやキーパーソンに働きかけることで、「様々な経験をさせよう」と周囲が判断し、チャンスもめぐってきたかもしれません。けれども、30代後半、40ともなると「やりたいアピール」だけでは状況がかわらないのが現実です。現役キャリアカウンセラーがやりたい仕事に近づく仕事術をご紹介します。

根拠を明確にする

やりたい仕事に対して、あなたが「できる」と考えている根拠はどのようなものでしょうか?またやりたいと考えた「理由」をわかりやすく言えるでしょうか。

例えば、営業職を希望する方のご相談の乗った際に、「態度、服装から変えてはどうでしょうか」とアドバイスしたことがあります。経験が薄くても営業に抜擢される方には共通点があります。堂々とした立ち居振る舞いや、動きやすい服装、テンポの良い会話、期待以上のご提案ができる、自分で一日の行動を組み立てて実践できる、等です。今、アシスタント職をしていたとしても、普段のふるまいや行動が「営業向き」であれば「営業をやってみたい」と申請した時にスムーズに話が進むのです。言い換えると、いつも受身な態度を取り、周囲からサポーティブなタイプだとみられていると、営業向きだとみられていないということなのです。

採用サポートの経験があり、今後はもっと人事領域にキャリアを広げていきたい、経営企画の経験を活かして今後はコンサルタントとして経験を増やしていきたいなど、自分の中では「やりたい仕事がやれる」という思いがあっても、それをレジュメや行動の中で示していかないと誰にも伝わりません。また、なぜやりたいのかの「志望理由」をはっきり伝えられるようにしてく必要があります。

 

組織の中で活躍できるイメージがあるか

あなたがやりたい仕事に就くことは、組織にとってもメリットがあるのでしょうか。その根拠はどのようなものでしょうか。

やりたい仕事を個人で行う場合は、ボランティアや起業という手段を通して実現もできるでしょう。組織の中でやりたい場合は、その中でどのように貢献して効果をだしていくか伝える必要があります。どのような効果を出せるのか、試算して提案する必要があるでしょう。リーダー、マネージャーとして、短期間で現場を理解し自分の実績も出しながら人材育成の必要もあるかもしれません。

 

これまでの業務の実績の見せ方を工夫して、新しい仕事でも、「任せられる人材」と判断されなければチャンスは回ってこないのです。

関連する情報収集やトレーニング、実験となる体験を外部で行うなどしておき、それらも伝えていくことも必要でしょう。「やってみてダメだった」では組織の中でも自分にとってもダメージが大きくなります。
また、介護や体調不良と重なり、やりたい仕事に就いたものの短期で終了したという事例も少なくありません。環境整備も含めて、しっかり準備をしておきましょう。

やりたいという発信だけでは状況は変わりません。根拠や組織の中での活躍イメージをもう一度見直し、アクションを変えていきましょう。
専門家としてアドバイスしています。

 

《個人の方向け》
キャリアカウンセリング

《関連コラム》

35歳からの就活、うまくいかないときはアクションを変える

独りよがりと傍観者を見直す【35歳からのキャリア】

 

関連記事

ページ上部へ戻る