ブログ

女性は特別?女性向けリーダー研修の意義とは

女性は特別?、女性向けリーダー研修の意義とは

2016年4月に施行された女性活躍推進法では「働く場面で活躍したいすべての女性が、個性と能力を発揮できるように」、女性の活躍推進に向けた行動計画の策定や公表が事業主に義務付けられています。それに伴い、企業では女性向け研修や制度の策定などが、以前よりも活発に進められるようになりました。けれども、「女性だけ」の施策に、男性だけでなく女性たちからも違和感を感じるという声が上がっているのです。

 

女性を特別扱い、を推奨の理由

職種別研修とは違い、女性社員だけが参加の研修では、「なぜ女性だけが?」と思われる方もいらっしゃるようです。そのような質問をされたとき、私自身は2つのお話をしています。

①男性中心のビジネス社会で、取り扱われなかった事柄について補完するため
例えば、管理職は男性がメインだったために、女性がリーダーや管理職になった時に考えておきたい子育てや介護・体調との両立のこと、男性部下と女性上司との関係性、男性とは異なる女性ならではのリーダーシップ開発についてを女性たち自身が習得せずに働き続けている、ということがあります。

育休取得率が80%を超え、働き続ける女性が増えたいまだからこそ、
かつては男性が中心だったビジネス社会の中で、女性たちがしなやかに働き続けるためにどのようにしていけばよいのか、時間をとって改めて考え、ノウハウを習得する機会をとる時期になると思うのです。

②女性に偏りがある職種や、制度の存在がある場合に是正するため
例えば、育休取得するのは全員女性だったとして、「本当は育休を取得したい男性」「本当は短期で復帰したい女性」の声を吸い上げていないのかもしれません。休暇を取得する女性社員のサポートは、他の女性が行うことが通例だったとすると、「本当はサポート業務に回りたい男性」「本当はサポートではなく営業としてキャリアを積みたい女性」の声を吸い上げていなかったんかもしれません。

 

女性にフォーカスしたリーダーシップ開発研修を行うことは、女性の活躍によって進められてきた社内の働き方改善を、もっと推し進めて、シニアや介護両立人材など多様な人材の働き方改革につながるきっかけになるのです。

研修や制度利用した後、企業の期待

女性向けリーダーシップ開発研修や、新しい人事制度等を利用した後に、会社側が期待していることは「自分事」から「組織ごと」への転換です。具体的気には、女性ならではのリーダーシップを活かして、周囲の多様なメンバーの育成にさらに関わることや、男性も含めた働き方改革を推進していくことなどです。

女性向け施策は、今の時代だけのことかもしれません。今後、女性活躍が進めば企業としては次のフェーズに進むことができるのです。例えば、女性活躍の推進後、介護と仕事を両立するミドル世代向けの施策を進め、結果的に「多様な働き方ができる企業」として地域での信頼度が向上し事業拡大にもつながったという企業の事例もあります。いつまでも「女性だけ」に注力し続けることは想定していないのです。

女性が気にしておきたい、次のフェーズ

労働人口の減少やダイバーシティの推進により、これまでになく「女性」が注目されています。それは「男性が中心だったビジネス社会の中でマイノリティである」存在だったからです。この時期は支援を厚くして活躍の場を広げていこうという考え方なのです。

働く女性が増えてきたにも関わらず、女性管理職の割合が少ない、給与が男性に比べて低い、勤続年数が短い等、明らかに男性に比べての違いがある場合に、今の時期は女性活躍支援に力を入れて、差を小さくしていきましょう。といった状況にあるのです。けれども、「マイノリティ」は女性だけではありません。多国籍、これまで活用していなかった世代、障害がある方、病気と両立する方なども含まれるでしょう。

今の時期の女性活躍支援により、これからは男性も女性も活躍し続ける時代となっていくでしょう。次の時代になったときに、「女性だから活躍できない」ではなく「女性が活躍できるチャンスが来た時に、思い切ってチャレンジをした」と言えるように、目の前のチャンスを確実に獲得しておきたいものです。

女性が注目される時代は、「今」なのです。

 

専門家として引き続きサポートしてまいります。

セミナー・ワークショップ事例

メンターサービス

 

関連記事

ページ上部へ戻る